婚活中=受験勉強中??

前回の記事で書いた、国際結婚をテーマとしたスカイプでのセミナーが無事終了しました。終了間際に参加者の方々からの感想をお聞きしたのですが、その中で「今までに考えたこともなかったようなお話を聞くことができました」、そして「婚活ばかりに一生懸命になっていたけど、結婚してからがまた大変なんだなぁ・・・と感じました」というコメントがありました。

これを聞いてふと頭に浮かんだのは、高校時代の自分の姿でした。中学受験で入った中高一環教育の学校では、特に高等部に入ると受験勉強一色という雰囲気で、周りも私も「とにかくいい大学に入れれば・・」ということが人生最大の目標になっていました。準備の甲斐があって運よく大学に入れましたが、正直なところ、「大学入学」を目指して勉強している時、実際には大学生活はどんなものか、ということは全く頭にありませんでした。そのためもあってか、大学一年目は多くの科目で「あれ?」というくらい芳しくない成績だった覚えがあります。それには「受験を乗り越えたんだから大学の勉強など軽くこなせるはず」という油断ももちろんあったに違いありませんし、今から考えれば「大学で何をどのように勉強したいのか」ということを、受験勉強中には想像する余裕すらなかったという気がします。

受験勉強中の学生が「大学合格がゴール」と思ってしまうように、婚活中の人は結婚することがゴールと思うのも無理はないことでしょう。でもその先にある生活について、少しでも具体的に想像することができていないと、いざ結婚してしまってから大変なことになる可能性もあります。とにかく結婚したのはいいけれど、日本でのキャリアを捨て外国に行き、言葉が母国語ほどには自由自在に扱えないので、引っ込み思案になったり、現地にうまく溶け込むことができずに、引きこもりになってしまったり、そうこうしているうちに子どもが生まれて、もう日本には帰るに帰れないという状況になっている方もいます。今回のセミナー中には、言葉やお金の面でかなり実際的な話もしたため、「今まさに婚活中でパートナーを探している人には、自分にはちょっと遠い世界の話題と感じられたかもしれない」という気がしないでもなかったのですが、参加者のコメントを聞いて、「結婚という当面のゴールの先にあるもの」について具体的に考えることは、やはりとても大事なことだと改めて実感しました。大変好評を頂いたこのセミナーは、今後も月に一度のペースで続けていく予定です。

コメントを残す