「1万円起業」:クリス・ギレボーのベストセラー本が日本語に!

クリス・ギレボーの2冊目の本”$100 Startup”が発売されたのは2012年のことでした。その年の5月末にロサンゼルスで行われた、出版を記念したMeetupには、生後3ヶ月だった三男を連れて参加しました。

登場したクリスは「この本を読んで読者に感じ取ってもらえたら・・・と思うこと」についてこう語っていました。

・自分の人生を、まず自分にとって意味のある活動で満たしているか?そして、その自由にともなう責任を全うし、この世の中をよくすることに貢献しているか?と考えるきっかけになること。

・起業したいけど、何から手をつけていいのか?と思っている人にとって、具体的なステップを示すガイドの役割を果たすこと。

・この本を読んで「すぐに何かをやってみよう!」と思ってもらうこと。

最初の点は、彼の無料の電子書籍「世界征服のためのやさしい手引き」そして1冊目の本「常識からはみ出す生き方」のコアとなるテーマでもあります。

また、2点目については、この本を書くために、クリスは膨大な事例の中から1500を選び出し、共通するパターンを見つけ出そうとしました。バラエティに富んだ事例を提示することにより、少しでも「あ、これなら自分にもできるかもしれない」と思えるきっかけになれば、と考えたからです。そして、そのデータ分析の結果共通して出てきた具体的なステップを紹介しつつ、読者のアクションを促すワークシートやリストなども盛り込まれています。

3点目について、クリスはスピーチの中でスティーブ・ジョブズの『人の人生を生きることで時間を無駄にするな』というメッセージについて触れていました。今われわれは世界中の見も知らない人々とつながることができる、とてもスペシャルでユニークな時代に生きていること、アイディアと努力次第で道は開けること・・・だから勇気を持って一歩を踏み出してみよう、と。

この本の日本語訳「1万円起業」が9月に日本でも発売になりました。タイトルで検索すれば、日本語の書評が多数見つかりますが、世界征服サミットでご一緒した「縁もゆかりも」のゆかりさんの記事佐々木裕次郎さんのこちらの記事は特にお薦めです。実際に、私も今回日本語で改めて読んでみて、またサミットの時に感じた高揚感が蘇ってきました。クリスが週2回更新している英語のブログを読んだり、世界征服サミットに行くことは難しくても、「何かしたい」と思っている人には是非お薦めしたい一冊の本です。

コメントを残す