サンノゼでの講演

先月、サンノゼのGemini Crickets of Multiples Club of Silicon Valleyという、双子かそれ以上のお子さんを持つ親が参加している会で、メンバーを対象にRedirecting Children’s Behaviorについて講演をしました。当日は70人154以上もの人が集まり、会場は大変な熱気でした。1年ほど前からToastmastersというスピーチクラブに入り、月1度ほどの割合で英語でのスピーチの練習をしてきましたが、それほど多くの聴衆の前で英語で話すのはほとんど初めての経験でかなり緊張しました。最初のうちは手元のインデックスカードを読んでいたのですが、すぐにこれではまずいと気がついたので、少し緊張を解くために歩き回ったり聴衆に質問をしたりしたところ、かなり反応がよく、冗談を言う人もいたりして場が和んできました。2時間半はあっという間にすぎ、多くの方から「とてもためになった」というフィードバックをいただくことができました。これからまた英語でも話す機会が増えると思いますが、さらに改良を重ねていきたいと思います。

やはり双子のお子さんをもつ友人から言われたのですが、双子やそれ以上の子どもを持つ親は、新しい考え方や子育ての手法について比較的オープンで、学ぼうという姿勢がより強いような気がします。その友人によると、特に子どもが小さいうちは毎日がサバイバルなので、役に立つことならなんでも試してみよう、吸収しようという気持ちが強いからだそうです。また、この会に来るとみんな同じような状況で頑張っている仲間ということもあり、「こんなことを話したら恥ずかしい」とか「笑われる」などということは心配せずに、お互いに情報を交換して励ましあうようなところが感じられ、それも講演が成功に終わった1つの要因だと思います。また、この会に聴衆として来てくれた参加者の一人から、今度は彼女が属している会も是非・・というお話をいただきました。今後は日本語だけでなく英語でもコースを行っていけそうな自信がついた経験でした。

*10月3日(土)にサンディエゴ大学で”It Takes A Village Conference”が行われます。国際結婚のご家庭にぴったりのこの会議では、RCB子育て手法をもとにした様々なテーマのワークショップが行われます。私は”Power Struggle”というテーマで11時から日本語でのプレゼンテーションを行います。9月18日までに申し込めば参加費は半日で$18、一日参加しても$25とお得です。また、別料金で託児サービスもあります。この機会に是非ご参加ください。申し込みはこちらからできます

One Comment on “サンノゼでの講演

コメントを残す