子どもの心の行き場所

古荘純一先生の著書「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」の第4章に、「家庭がほっとする場でないと、子どもの心の行happy-familyき場所がなくなる」と言うことが書かれています。考えてみれば、子どもでなくても、家庭がほっとする場でなければ帰るのがつらいのは理解できるでしょう。でも、子どもは大人と違って、家に帰る前に同僚とどこかに寄って一杯やってくるとか、スポーツジムに行って汗をかいてから・・ということができません。家族の仲が悪かったり、忙しい親のストレスでぴりぴりしている状況では、ますます子どもの心の行き場所がありません。

その他にも、
・    塾や習い事など、自分の能力を超えるスケジュールをこなしている
・    情報過多で色々なことを知っているが、その言葉の正確な意味や使い方を知らずに混乱している
・    少子化の影響で、両親や祖父母の期待を一身に背負わされ、「良い子」であろうとするために心が休まらない
などの原因で、虐待を受けていないにもかかわらず、心理学的には非常に類似した傾向を示したり、大人から発せられるメッセージを被害的に受け止めたりする場合がある、ということが書かれています。

私が子どもの時のことを考えると、小学校は本当に楽しい時代でした。高学年になると中学受験のために塾にいくようになりましたが、それでも私の思い出の中でその時代は圧倒的な輝きを保っています。何の悩みもなかった・・とは言いませんが、もう一度やりなおしてもいいくらいです。公立の学校で行われている一斉授業などは今も昔も変わらないと思うのですが、古荘先生は「子どもたちにとって学校は、ストレスの多い場所であり、自尊感情も保てない場所になっている」という印象をお持ちです。確かに私が小学生だった頃は、子どもに対して「ストレス」という言葉を使うこともなかったのかもしれません。ただ、本当に上記のような環境で育つ子どもが高いストレスを感じながら学校に行っているのであれば、家庭で子どもが安らげるかどうかは大変重要です。RCB親子コミュニケーションコースでは、子どもの行動や感情を親がコントロールしようとするのではなく、如何に自分自身でコントロールしていくか、親がどうしたらそれを教えてあげられるか、という方法を学ぶことができます。

*電話コースにより、サンディエゴ以外にお住まいの方も受講されています。また、7月からスカイプで日本在住の方も受講できるようになります。

コメントを残す