心から外に出ないものごと

心から一歩も外に出ないものごとは、この世界にはない。
心から外に出ないものごとは、そこに別の世界を作り上げていく。


これは村上春樹の「1Q84」の2巻目の帯に書かれていた言葉です。
12月に日本で第3巻を入手したことをきっかけに、改めて第1巻から読み返していて見つけました。最初に読んだときには特に気に留めなかったのですが、2010年の終わりにこの言葉を見つけて、なぜかとても気にかかっていました。

その理由のひとつとして、「感じる気持ちには良し悪しはない」という考え方があります。私が教えている親子コミュニケーションコースでは、「『ポジティブな感情』・『ネガティブな感情』という価値判断は私たちが勝手に行っているだけで、どんな感情もそれ自体は中立である」というコンセプトを提案しています。例えば、子どもが何らかの事情で泣き出してなかなか泣き止まないとき、私たちは場合によってはとてもいらいらしたりします。

でも、「泣くこと」自体はよくないことでしょうか?
泣くことにはいろいろな利点もあります。大人の私たちでも、泣きたいだけ泣いたあとというのは気分がすっきりしたりするものですよね。適切な形での感情の表現や発散は必要なものだと私は考えています。

たとえば、痛みや悲しみなど、一般的には『ネガティブ』とされている気持ちを感じることは「つらい」という思い込みにより、その気持ちに浸ることを避けてしまった場合・・・じっくりと感じつくされなかった感情や、表現する場のない感情というものは体内にたまっていきます。ストレスや心配事をうまく発散したり解決したりできずにそのままにしておくと病気になってしまうことは、多くの人が自ら体験したことがあるか、あるいは体験した人を知っているのではないかと思います。

村上春樹の「1Q84」は小説ですが、この言葉は私にとって非常にリアルな響きがありました。心の中で何かを思ったり考えたりしても、それをその場で思いのままに表現することが不適切であれば、そうせずに生きていく術を大人であればもっていなければなりません。そのスキルを持たなければ、普通に社会生活を送ることも難しい場合もあるでしょう。でも、心の中で感じたけれど、何らかの形で表現しなかった、あるいはできなかったことは、そこに別の世界を作り上げていき、場合によってはその人の現実の世界にも影響を及ぼしていくとしたら・・・それが本当であるなら、人は心の中で思ったことについての責任のようなものをいずれ何らかの形でとることになる、ということかな・・と、正月気分をあまり感じさせないアメリカで迎える新年の2日目に考えました。

2011年、どんな形で私の心の中のものごとが実現化していくのか、または別の世界を作り上げようとするのか、楽しみでもあり、また心していかなければ、という気持ちがしています。皆さんは今年実現させたいものごとについて、心の中にどんな絵を描いていますか?心の中にある、「こうはなってほしくない」という気持ちについてのケアはできていますか?

The Remembrance Course受講体験談

先月こちらの記事でもご紹介した”The Remembrance Course”が11月中旬にサンディエゴで行われました。今回は、前回のビデオにも出演していただいた三村ご夫妻と、サンフランシスコ在住の真矢さんという日本人の方を含む10名の参加がありました。コース終了後、真矢さんからとても素敵なメールが届きましたので、本人の許可のもと、一部をこちらに掲載します(*掲載箇所は原文のまま。文中のBruceはメインのインストラクターの名前です。また、真野さんはサンフランシスコの学校で働いています。)

”3日間の体験で、私のLove Potは一杯になりました。前は、腐りかけた牛乳がはいっていて、すっぱかったのに、今ではあったかいココアが湯気をたたえているようです。仕事場でも、子供たちをHugしたくてウズウズしているので、生徒たちが私を笑っています。でも、それはいやな笑顔ではなく、嬉しさ満ちているようなので、これもいいかな?と思ってます。相手が考えていること、私をどう見ているかを気にしないとConnectできないと思っていた私が嘘のようです。私が、愛情を振りまいていれば、相手は自然とよってくるし、彼らのエネルギーもとっても暖かいものです。Bruceが言っていたことが、頭ではなく心でわかりました。あとは、このLOVE POTをいつもFullにするためにMaintainを怠らないこと、それが肝心ですね。 いまは、家族から、友人からたくさんの愛情を受けています。そして、もし本当に空になりそうなときは、SDに向かって車を飛ばします! VillageにいけばRe-Chargeできる!そう思える場所を見つけられたことを悦子さんに感謝したいです。”

このメールを読んで、私がIndigo Village(コースが行われる場所)に行くたびに感じる気持ちを共有できる人がまた一人増えた気がしました。また、一緒に参加された三村ご夫妻には、前回のようにインタビューにご協力いただきました。

この”The Remembrance Course”は全米の数箇所で、何ヶ月かおきに行われています。今のところ日本語で受けられるところはありませんが、サンディエゴでのコースであれば私がアシスタントとしてコースに参加し、日本語の通訳のサポートをすることが可能です。

また、”The Remembrance Course”に参加したいけれど・・・と迷っている方のお問い合わせも増えてきました。そんな方には、ミニ体験のできるYour Infinite Life Workshopをお薦めしています。こちらは月に一度、様々なトピックで自分と向き合うことのできるワークショップです。こちらのワークショップについては、11月24日に放映されたUST番組(インターネット上で見られるテレビ)の後半部分で少しご説明しました。録画をこちらで見ることができます。次回は12月16日(木)6時半から、La Jollaの会場で「プロジェクトを最後までやり遂げる方法」というテーマで行います。ご興味のある方はコンタクトのページからお問い合わせください。

サイモン・シネックのメッセージ

先日の「優れたリーダーは『なぜ』から始める」で書いた会議がサンディエゴで行われました。”Start with Why”の著者であるサイモン・シネックは100分にわたり、基調講演と質疑応答を行いました。自分自身は子どももいないし、家族もいないので、主に子どもを育てる手法や環境がテーマのこの会議に招かれたことは光栄でした・・という言葉からスピーチを始めたサイモンは、『なぜ』から始めることがどうして大切なのか、そして自分の信じることを信じる人々を見つけること、そういった人たちから成るコミュニティを創ることの大切さを情熱的に語っていました。

特に秀逸だったのが質疑応答です。実際にどのように人々の「なぜ」を見つける手助けをするのか、参加者をモデルにしてやって見せたり、オバマ大統領が2年前にはあれだけの大差で選ばれながら、数日前にあった選挙ではなぜあのような結果になったのかという彼なりの結論(現在は「なぜ」でなく「何を」に焦点をあててしまっているから)を説明していました。実際に自分なら国民健康保険の法案を通すためのスピーチをどのように始めたか、ということを、「なぜ」から始める形で実際にデモンストレーションしたのです。これには会場から感嘆のため息がもれたほどでした。

この機会に、サイモン自身の「なぜ」について話してくれるよう頼んだところ、快く応じてくれました。97%もの人が今やっている仕事から満足感を得られていないという数字について言及した上で、サイモンは、自分の話で人々をインスパイアすることによって、もっと多くの人が自分のやっていることをただ単に「好き」なだけでなく、「情熱をもって」できるような世の中にしたい、そのために組織にもっと働きかけたいと話しています。サイモンのスピーチの後にも、ペアレンティングのスキルを学べるワークショップがあり、とても刺激になった一日でした。

映画「The Social Network」

Facebookの誕生秘話に基づいて作られた映画「The Social Network」を観てきました(原作は「The Accidental Billionaire」)。最近日本でも多くの人が使い始めたFacebookについての映画。「面白い」との評判も見聞きしていたので、けっこう期待して行きましたが「話についていけるかどうか」という一抹の不安も。

予感は的中し、冒頭の主人公とガールフレンドの会話のシーンから「え~、会話が速すぎ!字幕が欲しい!!」何しろ会話のスピードが速いのです。私の大好きな映画『Good Will Hunting』で、マット・デーモン演じる主人公のウィルが、バーで女の子に対して知識をひけらかしていたハーバードの学生を言い負かすシーンがあるのですが、それを彷彿とさせるような感じでした。また、映画全体での早口のやりとりや、ここぞという時のちょっと嫌味なくらい頭のよさを見せつける切り替えしなど、「うーん、この感じはどこかで見たことが・・」と思っていたら、案の定、「The West Wing」(邦題:ザ・ホワイトハウス)のAaron Sorkinが脚本だったのです。なるほど、道理で。(これもまた私の大好きな海外ドラマで、7シーズン全て観ました)監督はあの『ファイト・クラブ』のDavid Fincher。

映画は二つの別々の訴訟のシーンが交互に出てきて、弁護士がお互いに「何があったのか」を尋ねていくという構成でストーリーが語られていきます。「事実に基づく話」とは言われながらも、実際には全てが真実ではなく、フィクションもかなり入っていますが、「結局のところ『プログラミングと訴訟についての映画』をここまで面白くした功績は大きい」という、この英語のレビューにもあったように、映画としては面白かったです。

家に帰ってきて色々インターネットで調べてみたら、やはり「ここは真実ではない」という解釈も交えた記事が続々と見つかり、Facebookの会社としての見解やマーク・ザッカーバーグ本人の映画についてのインタビューなどもありました。マーク・ザッカーバーグも、映画の中では、スティーブ・ジョブズを彷彿とさせるような描かれ方をしていたように思います。自分が「これだ!」と思ったことに対しては、それが元々は誰のアイディアだったかなんてことは気にせずに、とにかく突き詰めてみる。英語では “It’s better to ask for forgiveness than for permission” という言い回しがあります。周りの人に「これやってもいい?」と許可を得るのではなく、とにかくやってみて後から謝ればいい、というような感じです。周りに気を使いすぎたり、”Playing nice” (“いい人”に振舞うこと)でやりすぎたり、あるいは誰かに勝ってしまうことを恐れて小さくまとまるより、自分の信じる道を進み、その過程で敵を作ってしまったとしてもそれは税金のようなもの、という考え方さえ読み取れます。

映画の最後のシーンの決めの台詞は実際に劇場で見ていただきたいのでここでは書きませんが、来年1月に日本で公開されるというこの映画で、日本でのFacebookユーザーも加速的に増えるかもしれません。家に帰ってきても早速Facebookを開いて感想を書いたり友達と会話をする私たち。Facebookなしの生活は考えられない人も多いことでしょう。そう考えると、やはりマーク・ザッカーバーグはVisionaryだったのだと納得せざるを得ません。

優れたリーダーは「なぜ」から始める

TEDTalkでの“Start with Why”というスピーチで有名なサイモン・シネックが、サンディエゴ大学で11月6日(土)に行われる“It Takes A Village to Create Change”という会議で基調講演をします。

このスピーチの中で、サイモンは「なぜ」何かをするか、ということが最も大切だ、と述べています。

世界で成功している会社や、人を動かす力のあるリーダーは「Why(なぜ)」→「How(どのように)」→「What(何を)」という順番で考え、またその順番で対話をしている・・・と。それが効果的な理由は、人は「何を」でなく「なぜ」に動かされるからです。

サービスや商品を売るにしても、チャリティなどの活動に賛同してほしいと思っていても、やることは同じです。“Find people who believe what you believe” - つまり、「自分が信じていることを信じている人を見つけること」。そのためには、自分が「なぜ」何かをするのかを知っていることと、それを人に説明できることが非常に重要になります。サイモン・シネックは、この点をアップルコンピュータ、ライト兄弟、マーチン・ルーサー・キング牧師などの例を使って説明していきます。

(日本語の字幕つきで見たい方は、こちらをクリックしてください)

このサイモン・シネックのスピーチを生で聴くことができる”It Takes A Village to Create Change” 会議。また、彼の基調講演の後には様々なトピックのワークショップが行われます。サンディエゴにお住まいの方、是非ご参加ください!

世界征服のやさしい手引き

挑戦的なタイトルのこの無料の電子書籍は、クリス・ギレボーという人が2008年に書いたもので514b0wucvl__ss500_す。彼のマニフェストでもあるこのレポートは、世界中で何百万回とダウンロードされて読まれています。今まで中国語、フランス語、スペイン語版が出ていましたが、この度、ツイッターで知り合ったまささんと私が共同で翻訳し、日本語版が完成しました。

この機会に日本人にもクリス・ギレボーを知ってもらうべく、彼について紹介します。私は彼について去年の夏ごろに初めて知りました。コーチングの資格を取るべく取っている講座で、彼について「30歳ちょっとで、35歳までに世界中の国を旅すると言っている若者がいる」と紹介されていました。また、彼のウェブサイトはArt of Nonconformityといい、規則やしきたりにとらわれず自分の信念に基づいた自由な生き方を構築していくことを目指しています。私も以前は国連で働いており、休暇と仕事を含めて今までに37カ国に行った事があることが密かな自慢でしたが、彼はその時点で既に100カ国に行っていました。その時点でとても興味を持ち、彼のウェブサイトに行ってみると、
・世界中の国を訪れるために、マイレージやその他の「トラベル・ハッキング」と言われるテクニックをフル活用する旅行の達人である
・大学卒業後、西アフリカで4年間ボランティア活動をした
・一度もいわゆる「まっとうな仕事」についたことがなく、自分の力で食い扶持を稼いできた

などのことがすぐにわかり、ブログを定期的に読むようになりました。ブログを読むようになって、

・文章を書くことで身を立てたいとの思いからブログをはじめ、短期間のうちに月100万人以上が見るウェブサイトにしたこと
・場所にこだわらないビジネスを自ら立ち上げ、成長させ、他の人にも同様に自分の夢を追いながら身を立てることを応援をしていること
・自立と家族のために稼ぎながら、チャリティを始めとした社会貢献にも関心が高く、「足るを知る」を体現していること

などのことを知りました。ブログの話題は、ビジネス、旅行、人生と多岐にわたるものの、毎週、多くの人のインスピレーションとなるような濃い内容を発信している点にも共感しました。人間的にも、ヨガをやり、マラソンを走り、また村上春樹の熱心な読者であるなど、バイタリティ溢れる魅力的な人です。

最初は一読者としてブログにコメントをしたり、自分のブログでも彼のことを書いたりしていましたが、そのうちにツイッターで交流するようになり、ある日ツイッター上で「来週水曜日サンディエゴに行くけど、いる?」とのメッセージが。8人ほど集まったTweetup(ツイッターでつぶやいている人の集まり)で実際に会うことが出来ました。それまでにもビデオ・ブログなどで話している姿を見たことがありましたが、実際に話していても本当にNice Guyという感じの人でした。どんな人?とお思いの方は、このマニフェストについて彼が語っているビデオがありますのでご覧下さい。

「世界征服」というと何だか大掛かりですが、自分にできるところから変革を起こすという趣旨です。非営利団体や国際協力に興味がある人にはおなじみのコンセプトですし、最近は日本でも「社会起業家」と言う言葉が一般的になってきましたが、要するに身近なところから「社会を変える」・「世界を変える」、そのための活動をすることです。このマニフェストでは、「この世で最も重要な二つの質問」が出てきます。この質問に答えることは、学校のテストでいい点を取ったり、いわゆる”いい大学”に入ったりするのとはまったく別の能力が必要とされます。

クリスに「日本語版公開にあたってメッセージはある?」と聞いたところ、こんなメッセージを書いてくれました。
“I’m thrilled that the message of non-conformity is now available to Japanese readers. Many people all over the world are questioning traditional assumptions and pursuing their own path. I hope that the manifesto is encouraging and uplifting wherever it is read.”

是非多くの人に読んでいただきたいです。

母親の苦悩

何回かにわたって古荘先生の著書「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」について書いています。この本のタイトルは「子ども」となっていますが、実は今子育てをしている世代の大人にも自尊感情が低い人がたくさんいるように思います。

sad-girl先日、ツイッターのつぶやきで「ジュースをこぼした子どもに腹を立てて『あんたそれでも人間なの。何度言ったらわかるのよ』」という言い方をしていたある母親について、「おっかない」「そんな母親の元に生まれなくてよかった」という感想をつぶやいている人がいました。実際にその場面を見たわけではありませんが、ツイッターに書き込んだ人はその母親の言い方や顔から、子どもに対する愛情が感じられずこわいなーと思ったためそのようなつぶやきをされたのでしょう。でも、私がそのつぶやきを見て思ったことは、「何がその母親をそこまで追い詰めているのか」ということです。小さなお子さんをお持ちの方なら、「何回言ったらわかるの」と思ったことは一度や二度ではないはずです。それが、ジュースをこぼすならともかく、たたく、蹴る、おもちゃを投げる、車が往来する駐車場を勝手に走り回るなど、こちらも痛い思いや怖い思いをしながら、大声をあげても聞かない、もう打つ手がないような無力感で、きつい言葉や言い方をしてしまうことは、人間には誰でもあります。

このつぶやきからは、周囲の助けもなく、孤独感を抱えながら一人で子どもをコントロールしようと必死になっている母親の姿を感じました。多分、日常生活の中で自分が本当に満足したと感じられる場面があまりないのではないでしょうか。そういう状況が長く続いていると、たとえ幼少時代の深い傷などがないとしても、自己肯定感は低くなり、まだまだ未熟で学ぶべきことがたくさんあり、私たちにそのサバイバルのすべてを委ねている子どもに対して、忍耐力を持って優しく接し続けることは不可能に近くなります。自尊感情が低い人は周囲に対しても非常に批判的になりがちです。もし、人間関係で、いつも同じ人がきつい言葉や態度で接してきて傷ついている・・と言う方は、「何がその人をそうさせているのか」と考えてみてください。その裏には自尊感情の低さが必ずあるはずです。

最近「RCB親子コミュニケーションコース」を受講された方が、感想として「これでいいんだと楽になった」そして「今まで以上に子どもがもっと大好きになり、大切に育てたいと思った」と書いてくださいました。子どもの自尊感情を高めるためのひとつの方法は、やはり子どもに「こうなってほしい」という大人の姿を見せること、つまり自分の自尊感情にも意識することです。その方は、子どもが今まで以上に好きで大切と思える自分のことも、より好きになったと確信しています。

*次回「RCB親子コミュニケーションコース」は電話コースが8月4日(水)から、スカイプコースが8月13日(金)からはじまります。スカイプコースは日本時間では土曜日の午後1時からです。

KY(空気が読めない)という言葉に示されたゆとりのなさ

古荘先生の著書「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」の中に、上記タイトルの箇所があります。全体で2ページにも満たない部分ですが、この本の中で非常に大切な部分だと感じました。

kids私はアメリカに8年暮らしており、アメリカで子育てもしています。サンディエゴの補習学校で4年間働いており、毎年たくさんのお子さんが日本から駐在など家族の転勤でやってきて、またアメリカで数年生活した後で日本に帰っていきます。日本からアメリカに来ることも大きな変化ですが、アメリカの生活に慣れた子供達が日本に帰ることも、同様に、あるいはそれ以上に大きな変化です。中には、日本人の両親を持ちながらもアメリカで生まれ育っていたり、また国際結婚のご家庭で日本に行くことになるケースもあり、日本は「外国」という人もいます。

おそらく日本に帰って学校に通う際、最も苦労するのはこの「KY(空気が読めない)」という言葉に表れる発想ではないでしょうか。古荘先生はこう書いています。「本音を出したり、あるいは融通が利かないと、『KY』のレッテルを貼られてしまう。無視、仲間はずれといういじめの対象になってしまうこともある。子どもたちの中でも疑心暗鬼になり、常に周囲の機嫌を伺うことを余儀なくされる」また、「『KY』は『空気』という言葉で、自分だけではなく多数の意見だと表現して、より強力かつ巧みに一人を追い込んでいく、実に不気味で悪質な表現である」と。

大人として人付きあいを上手くやっていくためには、自分の思ったことを何でも口にするべきではなく、周囲の気持ちを考えることもできなければなりません。これは、日本だろうがアメリカだろうが同じことです。でも、そういった計算なく『今』に生きて、思いついたことを言ったりしたりするのが子どもらしさです。人の気持ちを推し量ったり会話をしたりというソーシャル・スキルが未熟な子どもには、それなりの愛情をもったケアが必要なのであり、相手の発言に問題があると思えば、正面きって「あなたの言っていることは間違っている(あるいは他の人を傷つける)、自分はこう思う」と指摘するだけの勇気も必要でしょう。それをせずに、「空気が読めない」=「(自分も含め)みんながそう思っている」という言い方をするのはある意味卑怯なことではないでしょうか。子どもを育てる立場にある親や教師がこの言葉を使うことによって、言われた子どもはどう感じるでしょうか。子どもによっては、「もう発言しないぞ」と思うのではないでしょうか。もし子どもが、大人の目から見て「空気が読めないな、この子は」と感じるなら、何がそうさせているのかにも好奇心をもって欲しいと思います。「空気が読めてないよ」と指摘することだけでは解決しないことは明らかでしょう。

*RCB親子コミュニケーションコースがスカイプで受けられるようになりました。初回は日本時間の7月3日(土)朝8時からになります。詳細はこちらをご覧下さい。

子どもの心の行き場所

古荘純一先生の著書「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」の第4章に、「家庭がほっとする場でないと、子どもの心の行happy-familyき場所がなくなる」と言うことが書かれています。考えてみれば、子どもでなくても、家庭がほっとする場でなければ帰るのがつらいのは理解できるでしょう。でも、子どもは大人と違って、家に帰る前に同僚とどこかに寄って一杯やってくるとか、スポーツジムに行って汗をかいてから・・ということができません。家族の仲が悪かったり、忙しい親のストレスでぴりぴりしている状況では、ますます子どもの心の行き場所がありません。

その他にも、
・    塾や習い事など、自分の能力を超えるスケジュールをこなしている
・    情報過多で色々なことを知っているが、その言葉の正確な意味や使い方を知らずに混乱している
・    少子化の影響で、両親や祖父母の期待を一身に背負わされ、「良い子」であろうとするために心が休まらない
などの原因で、虐待を受けていないにもかかわらず、心理学的には非常に類似した傾向を示したり、大人から発せられるメッセージを被害的に受け止めたりする場合がある、ということが書かれています。

私が子どもの時のことを考えると、小学校は本当に楽しい時代でした。高学年になると中学受験のために塾にいくようになりましたが、それでも私の思い出の中でその時代は圧倒的な輝きを保っています。何の悩みもなかった・・とは言いませんが、もう一度やりなおしてもいいくらいです。公立の学校で行われている一斉授業などは今も昔も変わらないと思うのですが、古荘先生は「子どもたちにとって学校は、ストレスの多い場所であり、自尊感情も保てない場所になっている」という印象をお持ちです。確かに私が小学生だった頃は、子どもに対して「ストレス」という言葉を使うこともなかったのかもしれません。ただ、本当に上記のような環境で育つ子どもが高いストレスを感じながら学校に行っているのであれば、家庭で子どもが安らげるかどうかは大変重要です。RCB親子コミュニケーションコースでは、子どもの行動や感情を親がコントロールしようとするのではなく、如何に自分自身でコントロールしていくか、親がどうしたらそれを教えてあげられるか、という方法を学ぶことができます。

*電話コースにより、サンディエゴ以外にお住まいの方も受講されています。また、7月からスカイプで日本在住の方も受講できるようになります。

クオリティ・オブ・ライフ

202532_high1前回ご紹介した本「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」という古荘純一先生の本の中に、「クオリティ・オブ・ライフ」(英語のQuality Of Lifeの頭文字をとってQOL)という概念についての調査について書かれています。QOLとは自尊感情だけでなく、その人の生活に関わる要素を包括する概念です。引用すると、「たとえば、ごはんがたくさん食べられるだとか、夫婦関係がいいだとか、職場で楽しく過せるだとか、仕事が充実している、などという、これらのこと全部を含んだ概念となります。その人の生活に関わる、すべての要素を包括する、ということです。」と述べられています。

本の中では子どものQOLを図る尺度の開発やその難しさとともに、日本で子どもを対象に行われたQOLの調査結果も出ています。学年が上がるにつれてQOL総得点が減っていき、16歳までの調査対象の中では高校一年生が一番低いという結果が出ています。このまま高校2年生、高校3年生とQOL総得点が下がり続けるのかどうかは今後の調査を待たなければならないようですが、古荘先生は「幼児的な万能感を持っていた子どもたちも、世の中の現実がわかってくるにつれて、自尊感情は低下していくのが普通だとも言えます。そして一回低下しきると、下げ止まって、また、こんな自分でもいいや、という感じであがっていくのが普通のパターンだと考えられていたのですが、いまの日本の子どもの現状では、小学校3,4年生ぐらいから低下しはじめて、中学校、高校、とずっと下がりっぱなしということになっていることが、今回の調査で明らかになりました」と言われています。回復の機会がないまま大人になってしまうと、欠点はありながらも自分自身をありのままに受け入れ、日々の生活を楽しく過ごすことが難しいだろうということは容易に想像できます。

3 / 41234