日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか

3月に日本に帰った時に本屋で「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」という本を見つけました。児童精神科医31gtif-yxul__ss500_の古荘純一さんという方が書かれた大変内容の濃い本です。英語では「セルフ・エスティーム」と訳されるこの「自尊感情」ですが、本書では、「外見・性格・特技・長所短所・自分の持っている病気やハンディキャップなど全ての要素を包括した意味での『自分』を、自分自身で考える」という意味だと説明されています。例えば10代での摂食障害、薬物依存、犯罪行為、自傷行為や自殺などはこの自尊感情との間に深いつながりがあります。この本では、日本の子どもたちの自尊感情の低さが説得力のあるデータとして示されています。

私が教えているRedirecting Children’s Behavior(RCB)コースでも、このセルフ・エスティームに重点をおいています。セルフ・エスティームが低い子どもの特徴として、すぐにあきらめる、「できない」「わからない」「どうでもいい」と頻繁に言う、人のせいにしたり、言い訳ばかりする、目的が無く悲しそう、「友達がいない」と言うか、あるいは本当にいない・・・などが挙げられます。人間がこの世で生きていく中では、自分の思い通りになることばかりではありません。その時に健全なセルフ・エスティームがあるかどうかで、「逆境から脱することができるか」「自分に対してマイナスの評価があったときに、悩むことはあってもまたそこから抜け出すことができるか」が違ってきます。RCBコースでは健全なセルフ・エスティームを育てる方法について深く学ぶことができます。

大変内容の濃い本なので、何回かに分けてこの本について紹介していきます。興味のある方は是非入手してご一読ください。お子さんがいらっしゃる方には特にお薦めですが、そうでない方も、自分の自尊感情について考えてみる機会になると思います。

「子どもの日本語力をきたえる」

みなと学園を辞める前に、学校の図書室でこの本を見つけました。著者は齊藤孝で、218f4hsf79l__sl500_aa140_「声に出して読みたい日本語」などを書いた人です。先日まで補習授業校で勤務し、たくさんのバイリンガル家庭のお子さんを見てきたこと、また私自身も二人の子どもを日本語と英語という環境で育てているため、子どもの日本語力を鍛えることには大変関心があり、タイトルに惹かれて手にとってみました。私自身は国語はずっと得意科目だったので、高校の現代文や入試に至るまで、あまり国語で苦労した覚えはなかったのですが、子どもに教えるとなると話は別です。この本を読んで、将来子どもが読解や感想文が苦手と感じたときに、どのように手助けをして教えたらいいのか少しわかったように思いました。

Continue reading

4 / 41234