Tag Archives: コミュニケーション

Erinaさんへの手紙:コミュニケーション(Communication)

Erinaさんとの文通シリーズ第5回目。テーマはコミュニケーション(communication)です。Erinaさんはこちらのお手紙で、夫婦の間のコミュニケーションについて書いてくれました。早速お返事を書いてみます。

*******************
えりなさん、

コミュニケーションをテーマにしたお手紙を読みました。

photo-1415200358018-bb07fced3660えりなさんのお母様の「あなたたち夫婦は、本当になんでもよく話し合うのね。」というコメント、私も同じように言われたことがあり、とても共感できました。私たち夫婦も会話の量はかなり多いほうかな?と感じています。コンピュータのエンジニアでもある夫は決してぺらぺらと口が立つわけではないのですが、気に入った話題や自分にこだわりがある事項になるとすごく情熱的に会話にも身が入るのです。これは皆さんそうなのかもしれませんが、お互いの意見が違う物事に対してはいっそうそうなりますね(笑)ちょっとした喧嘩から端を発した議論が深遠な話題にまで発展して、ずっとしゃべっていたら深夜になってしまったということもたまにあります。

私はこの4月から6月、国際結婚を目指して婚活をしている日本人女性を対象にしたグループ・コーチング・プログラムを行ったのですが、その中でもコミュニケーションは非常に大切なキーワードでした。プログラムの鍵となるトピックのひとつは「自分を知る」こと。就職活動でも婚活でもそうですが、自分についてどれだけ知っているか?というのは、ことの成否を分ける大きな要因だと思うのです。

そして、自分を知るために必要なのはやっぱり自分との対話。相手のいる対話と違って、自分との対話はともすると無意識的になりがちなのですが、恋愛・結婚ということであてはめてみると、例えば

・相手が自分に対してとった行動の中で嬉しかったこと・悲しかったこと

・自分の恋愛のパターン

・自分の気分の浮き沈み

などを記録し、分析することによって、自分のことが見えてくると思います。

また、異性に対する思い込みや、結婚観など、恋愛を成功させるためにわかっておきたいことも、自分に対する問いかけをして考えることから始まります。

自分を知るのは時にめんどくさかったり、しんどかったりする作業であることも確かです。誰でも「こうありたい」という理想の自分がいるのに対して、現実の自分は(自分の目から見た)欠点もあればいけてない部分もありますし、また思い出すのがつらい過去の出来事もあるでしょう。

でも自分とのコミュニケーションをせずに無意識に日々を過ごしていると、あっという間に時間がたってしまって、達成したいと漠然と思っていたことに近づいていないということにもなってしまいます。私ももちろん、ダラダラと時間を過ごしてしまって気がついたらあまり前に進んでいなかったという経験があります!

ただ、過去の成功体験や、物事がスムーズにいったときのことを考えてみると、自分のことが客観的に見えていて、やりたいことがはっきりしていたという共通点があるように思うのです。また思うように物事が運ばなかったときも、それはそれで学びの機会になります。そう考えると、人生で出会う出来事のすべてが自分との対話のチャンスになり得るのですよね。

例えば、次回だんなさんや身近な人と喧嘩になったとき、「なぜそうなったのか?」「自分はどうしたかったのか?」ということを問いかけてみることで、自分についてより深く理解できるきっかけになるかもしれません。

以前、「私、女性誌のキラキラ感を笑う気になれません、という話」という記事で、こんなことが書いてありました。

「夜寝る前に、3つのことを紙に書き出してみる。1つ目はその日の反省。2つ目はその日にあったうれしかったこと。3つ目は翌日の目標。この順番で書くのがポイントらしい。」自律神経を整える簡単な方法として紹介されていましたが、これはシンプルな手順ながら、自分と対話するとてもよい方法なのではないかな?と思います。

自分との対話を通じて、自分がハッピーだと感じるために何ができるのか?と常に考えていると、自分のセンサーの感度もあがってくるような気がします。意識的に毎日を過ごすことはどんな状況でもできることなので、是非トライしてみてください。

えりなさん、次回のキーワードはTrustでいかがでしょうか? またお手紙お待ちしています!

ハッピーでないことを伝えるべきか?

前回の記事に書いた「50/50」という映画で、癌の宣告を受けた主人公のガールフレンドが最初のうちは一生懸命彼の世話をしていたのに、あるとき浮気をしていることが発覚してしまう・・・という場面がありました。彼女はもう彼と一緒にいるのはつらすぎるから別れようという会話をする勇気がなくて、浮気という行動に出たのですが、このことについて夫に「彼女は浮気する前に彼に正直な気持ちを話すべきだったのでは?」と言ったことから、浮気をしていたら正直に言ってほしいか?という議論になりました。

例えば自分が死の床にあった場合、パートナーが昔浮気をした(あるいは現在している)という話を打ち明けてほしいだろうか?という夫からの問いかけに、まあ、明日死んでしまうなら知らないまま幸せな記憶を持って旅立ったほうがいいかもしれないな・・・とは思いました。ただ、逆に「自分が浮気という行動に走るほどその関係に問題があると思っていたら、知りたいとは思わないのか」と聞いてみたら、それは確かに、言ってほしいと思う、とも。

先日も「浮気と、相手の携帯電話を内緒で覗き見することはどちらが罪が重いか」というテーマの記事を書きましたが、どちらにも共通するのは「(始めのうちは)パートナーに隠れてその行動をとる」という点です。どちらの場合も自分の気持ちを打ち明けたり、相手に直接問いかけたりすることを避けています。それにはさまざまな理由があるでしょう。よく男性側からは「自分の気持ちを打ち明けると彼女が感情的になり取り乱す」という声を聞くこともあり、聞かされる方(この場合は女性側)の取り乱したくなる気持ちも理解できるのですが、それでも、パートナーには、その関係についてどう思っているのか打ち明けてほしいものではないか・・・と私は感じます。多くのカップルは結婚に何を期待しているのか、結婚をどんなものだととらえているかということについて特に話すことなく、後になって認識のズレに驚いているという状況があります。結婚前や結婚直後の、まだ「何でも話せるような関係」でいるうちに、その関係にもし不満をもっていたら、お互いにどうしてほしいかということについても話題にできるといいのではないでしょうか。そこまであらかじめ話しておくことは難しくても、「話の最中に、相手が(あるいはお互いに)感情的になる」という経験をしながらもコミュニケーションをあきらめず、たとえば時間をおいたり、別のアプローチをしたりという試行錯誤を繰り返してでも、やはりそれでもなんとか理解する努力をしたいと思える相手かどうか・・・結婚前の交際とはその見極めのためにあるのではないかと感じます。