Tag Archives: サンディエゴ

12年間のサンディエゴ生活が終わりました

家族で日本に移住してから一ヶ月が経ちました。私はサンディエゴには2002年の11月に移住したので、実に12年近くを過ごしたことになります。日本に住んでいるとは言っても、現在はまだ横須賀基地内のホテルに滞在しているので、日本の中のアメリカにいるような感じではあるのですが、この機会にここまでの経緯を振り返ってみました。

私は高校時代に1年間、AFS交換留学生としてドイツのホストファミリーにホームステイをしました。ちなみにAFSは高校生の交換留学の団体としては老舗で、本家アメリカのAFSは今年100周年、日本AFSも60周年を迎え、11月後半には記念の式典が行われます。1年後ドイツから帰国して高校に復学し、日本の大学に進学。卒業後はアメリカの大学院に留学しました。

アメリカ大学院留学中にJPO試験を受けて、奇遇にもドイツに本部がある国連ボランティア計画という組織で働くことになりました。2年ほどドイツで働いた後、今度は東京事務所に派遣され、そこで働いているときに現在の夫と出会い、国連を辞めてアメリカに移住するという決断をしました。

サンディエゴ滞在中にあったキャリア&家族に関する出来事としてはこんな感じです。

2002年11月~2003年8月 JICAコンサルタントとしてベトナムに計3ヶ月ほどの期間を勤務
2004年 サンディエゴの非営利団体 Family Violence Instituteで勤務
2005年 サンディエゴ補習授業校みなと学園の事務局長として勤務開始
2006年7月 長男出産
2007年11月 次男出産
2008年 RCB親子コミュニケーションコース講師の資格を取得。Your Infinite Life Coachingのコースに参加
2009年 ブログを書き始める。ライフコーチの資格を取得
2010年 みなと学園を退職。著書「国際結婚一年生」出版
2011年 国際結婚成功コンサルタントとして活動開始。6月に世界征服サミットに初参加
2012年2月 三男出産。8月から3ヶ月間、家族でハワイに住む
2013年2月 ポッドキャスト番組開始。夏休みに長男が日本の小学校で1ヶ月の体験入学
2014年9月 日本に移住

前述のように夫に出会う前にはアメリカ→ドイツ→日本と2年ごとに移住していて、日本での滞在も「これは一時的なこと」という意識が常にあったため、夫と結婚してサンディエゴに行くことになったときも「サンディエゴは3年から5年くらいで、そのあとまた次に行こう」ということを夫と話していたのです。サンディエゴに移住した頃は、国連は辞めたものの国際協力の仕事にはまだたっぷり未練があったので、友人からお話のあったJICAコンサルタントとしてベトナム勤務という機会をありがたくお受けして、サンディエゴからベトナムに5回ほど往復しました。その頃はまだ「サンディエゴの次はまた国際協力の仕事で途上国に住みたい」と思っていた覚えがあります。ベトナムでの勤務が終了した後、国際協力分野での仕事をサンディエゴで探したもののなかなか見つからず、学校運営の責任者という、それまでのキャリアが生かせる満足のいく仕事についたときには移住してから3年が経っていました。

面白いことに新しい仕事を始めた途端に長男を授かり、そこからはフルタイムのワーキングマザーで子育てという生活にどっぷり漬かることになりました。この頃には「次にもし家族で住むとしたら日本かな」と考え始めていたように思います。2009年には事務局長としての仕事は続けつつも、もし本当に国を移動するとしたら、それでもずっと続けられる仕事をしたいと考えるようになり、このブログを書き始めました。

サンディエゴでの生活はとても快適で、子どもたちもサンディエゴの学校に行き始めて友達も出来始め、コミュニティに根を下ろして生活していました。三男が生まれた頃には、一家で別の国に行くというのはなんだか遠い夢の話のような気がしていましたが、そんなときハワイに3ヶ月住むという機会があり、住んでいたアパートはそのままでハワイに引越ししました。まだ6ヶ月の三男を抱えて大変なこともありましたが、サンディエゴを離れて別の土地で暮らすというこの経験から「やってやれないことはない」と思うようになりました。そして2013年の7月に行った3度目の世界征服サミットに行った帰りの飛行機で「日本行きを1年以内に実現させる」と改めて決意し、それから1年は「20014年の8月に日本に移住すること」を目指して準備をしてきたのです。そして今年の6月に日本での仕事に応募していた夫にオファーがあり引越し準備を開始し、9月22日に日本に到着しました。

まだこれから家を決めて引越しをして、日本の学校に子どもたちを通わせるというステップが残っています。本当の意味での日本の生活を開始するまでには当分かかりそうですが、日本滞在も(当面は)期間限定という認識なので、その間にやりたいことをリストアップしているところです。「家族」「友人」「キャリア」「冒険・旅行」など、カテゴリ別に整理して優先順位をつけて・・・と、時間はかかるけれど楽しい作業をこれからしていきます。日本語はほぼビギナーの夫と子どもたちとの日本生活なので、その面のチャレンジがあることは覚悟の上ですが、このあたりもドキュメントしていきたいなぁと思っています。

サンディエゴに帰ります

楽しかったハワイ滞在も残すところあと1週間となりました。この短い間に、長男は泳げるようになり、また最初は大変だ~と言っていた毎日の宿題をこなすスピードも速くなり、新しいこととしてはアートのクラスに通い始めました。また次男も晴れて小学生となり、クラスでも仲の良いお友達を作っています。三男もこちらに来て離乳食が始まり、匍匐前進を始め・・・・まだお座りが完全にできないので、赤ちゃんっぽさが残っていますが、顔つきもしっかりしてきて、もう少しでベビーサインも始めそうな勢いです。こちらの記事にも書いたように、サンディエゴからハワイに来ることを決めたときには心配な面もありましたが、蓋を開けてみれば「本当に来てよかった」と思える数ヶ月になりました。

帰ることが決まってから、まず行ったことはやはりサンディエゴの学校に電話をすることでした。長男がもといた学校では、今年は1年生がかなり多く、電話をした時点で「1席しか残っていない」。長男は去年、学区を越えた選択の結果その学校に通ったので、サンディエゴに戻るまでその席を確保しておくことはできないのだそうです。サンディエゴに帰ってきてから電話してみて下さいとのことでした。ある程度予想はしていましたが、もしそこに戻れなかったときのために、代わりの学校を検討し始めました。うーん、やはり・・・と思いつつ、とりあえず長男に「今日、元の学校に電話してみたけど、もしかしてそこには戻れないかもしれないよ」と言ってみたところ、意外にも返ってきた答えは「(どこでも)大丈夫だよ」。予想していなかった答えに、おお、わが子ながらいつの間にこんなにたくましくなっていたのだろう?と思わず顔を見てしまいました。ハワイに来て、新しい学校に入って、そこでもすぐになじんで友達も出来て・・・という経験をしたので、やはり6歳なりの自信がついたようです。結果として、夫の職場の近くで、長男の保育園時代の友達も通っている別の学校の先生が、学区外ながら「受け入れますよ」とすぐに言ってくれ、検討した結果そちらも同様によい学校だということが判明したので、元の学校の結果を待つことなくその学校に通わせることにしました。

一方、次男の場合はハワイではキンダーに行っていますが、サンディエゴに帰れば「トランジション・キンダー」というプログラムに入ることになります。こちらは地区ごとにこのプログラムのある学校が決まっており、地区の学校に電話してみたところ「空席待ちになります。空きができたら連絡します」。私の理解では「2007年11月生まれの子どもは、希望すればこのプログラムに通う権利がある」はずなので、ウェイティング??それはおかしい・・・と思いながら、近所の別の学区の学校に問い合わせてみました。そちらで電話を取った担当者は、即刻校長先生と相談し「受け入れましょう」との返事。これで一安心、と思っていたら、結果的には教育委員会から最初の学校に連絡があったようで、数日後に「空きができましたので入学できます」というメッセージが携帯電話に残されていました。トランジション・キンダーの最初の年ということで、やはり現場も混乱しているようです。現時点では、思いがけず両方から「OK」をもらった私たちに選択肢があるようで、学校としての評判や日々のスケジュール、送迎にかかる時間などをもとにどちらかに決めることになります。翌年以降は長男のいる学校に転校を試みることになるので、あと7ヶ月ちょっとのこととは思いつつ、やはり少しでもよい環境で・・・ということで、あと数日はじっくり検討してみようと思います。

サンディエゴを離れるときには「ちょっと行ってくる。帰ってきたらまた元の生活に戻るだけだよね」と思っていましたが、子どもたちは数ヶ月といえどその間に確実に成長しており、元に戻るなんていうことはないのだ・・・と思いました。学校の件ひとつとってもそうですが、そのほかにも今まで出来なかったことが出来るようになったり、明確になってきた興味の方向性にしたがって、生活の中心になるものも変わっていきます。二人とも、もうしばらく水泳のレッスンは続けさせたいし、長男のアートのクラスもサンディエゴで継続することになるでしょう。親の私たちもハワイ生活を経て少し変わった価値観もあるかもしれません。古巣に帰ることは確かですが、そこで始まる生活は人生の新たな一章になりそうで、またワクワクしています。