Tag Archives: ペマ・チョドロン

「深い思いやり」と「境界線」は対立する?

“Compassion”は日本語では「深い思いやり」「憐れみ」そして「共感共苦」などと訳されるようです。Compassion、つまり他人の苦しみに対して理解を示したり思いやりをもったりすること。この言葉と対比する考え方として引き合いに出されるのが“Boundary”という言葉です。文字通りでは「境界線」という意味ですが、人間関係においては「ここからここまではOK。ここから先は遠慮してもらいたい」という区切りのことを指します。

前回の記事で書いたペマ・チョドロンの本の中で、このcompassionとboundaryについて質問をした人がいました。彼女の説いている呼吸法や瞑想法では、他人(そして自分)の苦しみを少しでも理解し、心を開き続けることが目的のように言われていますが、そのこととboundaryはどういう関係にあるのか?具体的には、例えば自分を傷つける相手に対して、「傷つけられずにはいられないその人の苦しみ」に対してどこまで理解を示すべきなのか?自分のboundaryを侵されても理解を示すことを求められているのか?という趣旨です。

これに対して彼女はこう言っていました。「確かにそれは難しい問題です。そういった状況に置かれたときに自分のboundaryを尊重して、イエスかノーかをはっきりと言えるようになるには、この呼吸法以外のツールも必要になることでしょう」。ただ、と彼女は続けてあるエピソードを紹介しました。複雑な家庭環境で育ったある女性はずっと父親に殴られて育ってきました。大人になって男性と交際するようになってからも、どういうわけか自分を殴るような人ばかりを選んでしまいます。あるときに彼女と出会ったソーシャルワーカーが彼女のことを心から心配し、親身になって世話をした結果、そのとき交際していた男性と別れる決意を彼女にさせて別の町に引越しをさせ、ゼロからまた新しい生活を始める手伝いをしました。「そのとき、その暴力を受けていた女性は自分のboundaryを意識し、自分はその場から離れなければならないと決意したのです」とペマ・チョドロンは説明します。「でも、新しい町に行って一ヶ月もたたないうちに、また同じような相手との交際を始めてしまいました」。

つまり、物理的にその好ましくない場所から去ったり、人間関係を断ち切る形でboundaryを引いたと思っても、自らの内面と対峙して時には闇の部分に光を当てるというワークを同時に行っていかない限り、本質的には同じ問題が形を変えて何度でも起こることがある・・・・ということです。家庭内暴力の被害者には、加害者の行為に対する責任はありません。被害を受けている人の多くは、加害者と意味のある形でコミュニケーションをとる術をもたないばかりか、自分自身とも対話できないところまで追い込まれてしまっているでしょう。彼女はこう結んでいました。“You have to start where you are right now. There is no “later”. You have to learn how to relate to your messy areas of your life in a very compassionate way.”

自分の気持ちとも向き合えないほどに機能不全に陥った関係にある場合は、そこから物理的に離れることも必要です。ただ、そうしながらも、自分自身の気持ちに深い思いやりを持ってオープンでい続ける実践を重ねていくことが大事・・・ということでした。そしてboundaryを引くのにもcompassionを持ったやり方というのがあるはずです。このふたつは「あちらを立てればこちらが立たず」という相対する概念なのではなく、どちらも自分自身と、そして他人と親密な関係を無理なく築くためには必要なことなのでしょう。

もう嫉妬しない!ではなく・・・

最近歩く時間が増えたので、また図書館のデジタル・ライブラリーで借りたオーディオ・ブックをiPodで聴き始めました(ハワイの公立図書館でもセレクションはなかなか充実しています)。最初に借りたのはPema Chodron“Awakening Compassion: Meditation Practices for Difficult Times”という本です。Pema Chodron(ペマ・チョドロン)はチベット仏教僧で、執筆や講演活動を精力的にしている女性です。2009年9月にシャスタ山での修行に参加したとき、彼女の“When Things Fall Apart”という本を読んで来るようにという指示があり、それ以来ファンになりました。実はこの写真の本は彼女のメッセージがそれぞれ見開き2ページで書かれたポケット版で、旅行先で買い求め、いつも鞄の中に持ち歩いています。例えばレジの長い列に並んでいるときにぱっとページを開けて見たりすると、少し気分を変えることができるのでとても役立っています。この本は講演の録音という形式をとっており、チャレンジに直面したときの呼吸法や瞑想の仕方について説明しています。鍵となる言葉は“Openness”つまり心を開き続けること。導入の部分でエゴについて語っている話をご紹介します。

人は誰でも「自分の好きな部屋」にいるのが好きです。ちょうどよい温度で、自分の好きな色や調度でしつらえており、好きな音楽がかかっているような部屋で過ごす時間は、当然ながらとても居心地がよいので、外に出たくなくなります。あるいは外の世界が脅威に感じられてくるかもしれません。たまに外に出ると自分の気に入らないものが目に入ったり、嫌な音楽が聞こえてきます。今までにないほど匂いなどにも敏感になり、あわてて部屋に逃げ帰ります。そのうち、外の世界の脅威が自分の部屋に入ってくることを恐れるあまり、空気が入ってこないように窓やドアを閉め切ったりしまいには隙間にも目張りをしたり、何重にも鍵をかけたりているうち、自分の好きなはずの部屋にいることが監獄のように感じられてくるかもしれない。エゴとは「自分の好きなものしか入れない」ようにすることで、それは自分を守るために始める行為なのですが、結局は自分を監獄に閉じ込めてしまい、その結果苦しみは大きくなってしまうということを彼女は言っています。エゴの大きさと苦しみの大きさは呼応していると。彼女によると、もしエゴがもう少し柔軟で、自分を鉄壁の防御で取り囲むのではなく、気に入らない状況に対しても少しでも好奇心をもつことができならば、かえって苦しみは軽減するのです。英語では“if ego is more ventilated”と言う言い方をしています。新鮮な空気をとりいれることができれば、というニュアンスです。

世の中の色々な宗教は、この「自分の居心地がよい場所にばかりいることはいずれ偏見や憎しみを生み出してしまう」と言う考え方では一致している・・・と彼女は言っています。エゴで凝り固まってしまうと自分以外の人はすべて敵になってしまうのです。ではどうしたら、もっと窓やドアを開けて、恐れることなく外界の空気や未知のものを取り入れていけるのか?そして、やってくるなにものにも心を開き続けていけるのか?ということがこの講演のテーマになっています。そして、このopennessの練習とは、自分の苦しい状況から自らを救うため、そしてもうひとつ大事な点としては、世界のどこかで同じ苦しみを経験している人のために行うのだと説いています。またその「苦しい状況」のなかに、自分の中の好ましくない感情についてどう対応するか、ということも含まれています。

例えば、先日「他人の成功を喜ぶこと」という記事で書いたように、誰でもときには人の成功を素直に喜べない気持ちになることもあるでしょうが、自分のそういった部分が嫌で仕方がないという人もいます。それは「他人の成功を素直に喜べる人でありたい」という思いがあるから、とも言えるでしょう。そうでなければ、嫉妬していてもそんな自分が嫌だとは感じないでしょうから。ペマ・チョドロンの教えは、自分が望まない状況への対応策としてだけでなく、「自分の綺麗でない部分」「立派な人でない自分」についても心を閉ざさずにいるためのものと言えます。「そのままの自分を受け入れるため」という言い方もできるでしょう。人間の器の段階として今はここにいるんだ、と言うことに対して抵抗することがより苦しみを増すことになるからです。言い換えれば一足飛びに「嫉妬しない人になる」ことを目指すのではなく、まずは「嫉妬する自分」に対しても親切な目を向け、その気持ちとより親密な関係になるということになるでしょうか。以前ある人がこう言っていました。“Perfection is never a goal. Practice is” 目指しているのは完璧になることではなく、努力し続けること。どこまで行っても終わりのない旅ではありますが、いつでも「練習」しているのだと思えば、自分に対しても少し優しくなれるのでは・・という気がします。