Tag Archives: 文通

Erinaさんへの手紙:パートナーシップ

私がサンディエゴで知り合った日本人の女性は、みんなそれぞれに生き生きとした人生をおくっています。ご縁をいただいてお友達になったそんな彼女たちと、仕事や子育ての合間を縫って交流を深めてきました。

そんな女性のおひとりがErinaさん。Erinaさんは日本で高校を卒業した後、留学生として13年前に渡米しました。アメリカで大学を卒業し、アメリカ人の旦那さんと結婚。二人のお子さんの母親として、日本人妻として、働く女性として、アメリカに住む日本人女性をブログなどを通じて応援しています。また、日本人・日系人コミュニティにとって役に立つ情報を発信していくJapanese Family Support Centerの主宰者のお一人でもあります。

確かErinaさんと最初に会話をしたのは私がハワイに住んでいたときのスカイプ越しでした。その後、サンディエゴに帰って数ヵ月後に、以前からやりたいと思っていたポッドキャスト番組の作成について背中を押してくれたばかりか、第一回目のゲストにもなってくれました。

そんなErinaさんと、日本に発つ前に一緒にご飯を食べたとき、「結婚」をテーマに話し合うという素敵な提案をしていただきました。Erinaさんは新しく始められた In Nadeshiko Wayというブログで、そして私はこのブログを使って、文通という形で意見交換をしていきます。

初回のキーワードはパートナーシップErinaさんからのお手紙はこちらでお読みいただけます。
********

015Erinaさん、こんにちは。

サンディエゴを離れてもう半年が経ってしまったなんて、何だか信じられない気持ちです。お蔭様で子どもたちもそれぞれ小学校と保育園になじんで、お友達もできました。横浜に引っ越したのは寒さも厳しくなる12月でしたが、最初の冬を乗り越え、過ごしやすくなってきた日本で楽しく生活しています。

サンディエゴが懐かしくなることは多々あります。何と言っても12年も住んだのですから、もうひとつの故郷ですよね。そんな場所を持つことができるのもとても贅沢なことで嬉しいのだけど、青い海と空の美しさや、子どもたちが自転車でぐるぐる走り回れる安全な場所が懐かしいなぁ。リバティ・ステーションは家から最も近い大きな公園で、アクティブな男の子たちのいる我が家にとっては庭みたいな存在だったので、Facebookで広大な芝生のエリアの写真を見るたびに帰りたくなったり(笑)でも日本にもずっといるわけではないので、ここでの生活をしっかり味わおう!と決めています。

さて、パートナーシップについて。

私と夫は2002年の5月に結婚したので、今年の5月で13周年を迎えます。最初の子どもが生まれる2006年までは二人だけの結婚生活でした。

もちろん、普通のカップルが通るような山や谷もたくさんありました。特に、私の場合は日本で彼と出会い、それまでのキャリアを一旦リセットする覚悟でアメリカに移住してきたこともあり、最初の数年間は、新しい生活に慣れるのと同時に「私は何者なのか」というアイデンティティ・クライシスも経験しました。

それまでにもアメリカには大学院留学で2年近く住んだことはあったのですが、結婚という形で、夫の妻であるということ以外に誰も私を知る人のいないところに行き、ゼロから人間関係やキャリアを構築していくというのはけっこうしんどい作業でもありました。

思うような仕事が見つからず、フラストレーションがたまって夫にやつあたりすることもあったし、経済的にもほぼ全面的に夫に頼っている状態。その頃の私はまだ「パートナーシップ」という言葉について意識するようなこともなかったでしょう。

夫は最初から “Happy Wife, Happy Life”という考え方を持っている人でした。妻がハッピーなら幸せな生活ができるということで、韻を踏んでいてキャッチーなフレーズですよね。初めて彼がそう言ったのを聞いたときにはなんて気の利いたことを言うのだろうとちょっとした感動を覚えたものです(笑)当然、逆も真なりなんですが、事あるごとに言ってくれるのは嬉しかったですね。

その彼の考え方のおかげもあって、最初の山であった結婚・移住後の数年間をなんとか乗り切り、満足のいく仕事が見つかって働き始めたのと同時に長男を授かりました。

国際結婚をして、自分の国を離れて相手の国に行く人にはそれなりの覚悟が必要ということは、一般的に受け入れられやすい考え方ではないかと思います。

でも、実は「来てもらう」立場のほうにも、同じくらいか、それ以上の覚悟がいるのかな?ということを最近考えます。私たちの場合は、最初の12年は夫の国で暮らしました。新天地で親しい家族や友人たちのコミュニティから離れ、キャリアを模索し、葛藤する私を見守りサポートする立場だった夫にも、何もストレスや苦労がなかったはずはありません。

そして今度は私の国で暮らすという経験をしています。夫にとっては2度目の日本滞在なので、日本生活に対するカルチャーショックは前回よりは少ないですし、幸いにも古巣での仕事を見つけて来ることができたので、私が経験したようなアイデンティティ・クライシスはないような感じがします。

でもサンディエゴでは車で10分だった通勤は、電車で片道1時間近く。もちろん家族やサンディエゴで親しくしていたテニス仲間からも遠く離れ、小学生の子どもたちに既に追い抜かされてしまった日本語力で、生活に不自由を感じている部分もあります。運転するにも道は狭いし、冬は寒くて夏は蒸し暑い…など、探せば小さな不満はいろいろあるでしょう。

今、逆の立場になってみて、毎朝早く家を出て、仕事を追えて帰宅する夫に対して感じるのはやはり感謝の気持ちです。そして、私が結婚当初アメリカに移住し、焦りを感じて過ごした最初の数年の間も、夫は「自分の国に来てくれた」ことに対して感謝の気持ちをもっていたから、私からの八つ当たりもおおらかに受け止めてくれ、サポートしてくれていたのかな、と想像したりしています。

夫婦のパートナーシップというのは、「一緒に人生をシェアしていこうと決めたのだから、何があっても二人で figure out(=解決策をひねり出す)して頑張っていこう」という意思のことだと思うのです。

お互いにやりたいことが違うことだってあるのはもちろん、そもそも赤の他人なのですから「価値観が全て一緒」なんてあり得ないと思います。日本人同士の結婚だってそれは同じですよね。

その違いをどうするのか? 違いすぎるといって共同生活をあきらめるのか? それともなんとか折り合いをつけて、どちらも reasonableにハッピーになれるような解決策を見つけようとするのか?

私たちの間でも、「自分の幸せは自分で作り出す」というのを基本にしつつも、相手の幸せにも興味をもち、夫婦というチーム全体で生活の満足度が上がるように努力しよう、という点で意見が一致しているので、それぞれ大切にしていることが違っても尊重しあうように心がけています。

「パートナーシップってこういうものだよね」という点で意見が一致している二人だったら、Erinaさんの言われたように「話し合いをやめる」という選択肢はもともとないものなのかもしれません。

なんだか長くなってしまったので、ひとまず筆を置きます。次回のキーワードは「コミットメント」でいきましょう!楽しみしていますね。