Tag Archives: 検診

1歳児検診

2月22日に三男が1歳になり、今日1歳児検診に行ってきました。待合室で、上のふたりの1歳児検診のときにはなかった、子どもの発達度についての質問が書かれた紙を渡されました。質問の内容は、例えば「『はい』という意図で首をたてにふるか」とか「名前を呼ぶと反応するか」「『バイバイ』という意図で手を振るか」「何種類くらいの音を発するか」「単語をいくつくらい話すか」などが20問ほどあったでしょうか。名前を呼ばれて診察室に入り、回答した質問表を看護婦に渡して待っていると、しばらくして現れたかかりつけの小児科医が言うには「詳細なエバリュエーションをお薦めします」。何でも、通常の発達度合いとみなされるスコアに1点足りなかったそうなのです。

小児科医には、詳細なエバリュエーションをするための選択肢としてふたつのオプションを提示されました。ひとつは、三男が生後10日で入院したときにお世話になった子ども病院で行われているChildren’s Care Connectionというプログラム。これはカリフォルニア州のタバコ税を財源とするFirst Five Commission of San Diegoという団体によって組織されているサービスです。サンディエゴ在住の5歳以下の子どもが対象で、こちらのウェブサイトによれば、小児科医からの紹介のほか、保育園の先生やあるいは保護者自身が少しでも「大丈夫かな?」と疑問に感じたら直接コンタクトをとり、電話で相談にのってもらうことができます。また、詳細なエバリュエーションの結果、何らかのサポートが必要となったときには、無料で受けられるプログラムもあるようです。詳細はこちらのウェブサイトChildren’s Care Connection(C3)というところをクリックしてください。

小児科医が提示したオプションの2つ目はカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の自閉症に関するリサーチでした。実はこちらのリサーチには長男、次男とも参加させた経緯があります。この調査に参加させた結果、長男の発話の遅れを指摘され、18ヶ月くらいのときからスピーチセラピーを受けることになったのです。そもそも長男を調査に参加させたのは、リサーチに協力をよびかける広告に「面白そう」と応えたのがきっかけで、小児科医の紹介ではなかったことを思い返してみると、この5年間のうちに、自閉症やその他のコンディションを早期に発見し、早期に対応をとろうという姿勢と、それに呼応したシステム作りがさらに進んでいるのだな・・・と感じました。1歳児を育てるのは久しぶりの経験で、正直なところ、どの月齢で何を期待すべきなのかということを忘れている部分もあるので、この機会にこれらのプログラム両方に連絡をとってみようと思っています。