Tag Archives: 結婚

愛する人との最後の会話

unsplash_5244808e6b835_1Facebookのナンバー2とも言われるポジションにあり、“Lean In”を書いたシェリル・サンドバーグ。私も去年まだサンディエゴにいるときにこの本をオーディオブックで聴いて、素晴らしい経歴の持ち主ながら飾らない人柄の彼女に何となく親しみを覚えました。その彼女のだんなさんであるデイビッド・ゴールドバーグが突然亡くなったというニュースを聞いたとき、私は自分でも意外なほどにショックを受けました。彼が47歳という若さだったこと、そして彼らにはちょうど私の上の子どもたちと同じ年頃のお子さんたちが二人いたこともその原因だったかもしれません。でも何よりも、この類のニュースを聞くたびに思うのは “You never know when your time is up”ということ。いつ何が起こるのかは誰にもわからないのです。

彼の死が発表されてから数日後、シェリル自身が彼への思いをFacebookで投稿していました。やはりとても印象に残ったのがこの箇所。

Dave and I did not get nearly enough time together. But as heartbroken as I am today, I am equally grateful. Even in these last few days of completely unexpected hell – the darkest and saddest moments of my life – I know how lucky I have been. If the day I walked down that aisle with Dave someone had told me that this would happen – that he would be taken from us all in just 11 years – I would still have walked down that aisle. Because 11 years of being Dave Goldberg’s wife, and 10 years of being a parent with him is perhaps more luck and more happiness than I could have ever imagined. I am grateful for every minute we had.

「11年しか一緒にいられないとわかっていても、結婚していたでしょう」

この一文は、私がある時期よく考えていたことを思い出させてくれました。いつか死ぬとわかっていても恋をし、愛し合って結婚するのはなぜか?人はだれでも死ぬのですから、運よく一緒に死なない限りは、どんなに愛し合っていてもどちらかは相手を先に失い、その喪失感に苦しむことになります。だから本当は、みんな一緒にいる時間が限られていることは承知の上で、その時間をより幸せに過ごすために、相手とともに歩む道を選ぶはずです。その時間が短いとわかっていても、また失ったときに味わう苦しみが待っていることが明らかであっても、この人と過ごす時間は何ものにも換えがたい、手に入れる価値のあるものだから。お互いにそう思える相手と出会うことが出来る人は本当にラッキーです。

輝かしいキャリア、素晴らしいパートナー、可愛らしい子どもたち……人から見ればパーフェクトのように思えたシェリルの人生。彼女にとっても全く予想していなかった悲劇が起こりました。まだ生涯のパートナーと出会っていない人が、幸せな結婚をしている人を見て「あの人は自分よりも絶対に幸せだ」と感じたりすることもあるでしょうが、次の瞬間にはどうなっているかは誰にもわかりません。吉本ばなながある小説で「勝ち負けなんてトータルでなければ誰にもわからない」というようなことを書いていましたが、幸せの尺度は人それぞれだし、「自分の人生がどれだけ幸せだったのか」なんて、その人生を生きた本人だけが決められること。まったくの主観で自分と他人の人生を比較できるかのように思えたとしても、それはあくまでその瞬間だけのことに過ぎないのです。

では幸せな人生とは何でしょうか?

私自身が考える「幸せ」の尺度のひとつは、幸せだと感じる瞬間が多い生活。そして、そんな瞬間の記憶をたくさん持っていること。また「ああすればよかった」と後悔することがなるべく少ないことかな、と考えています。

私たちには生まれる前に亡くなってしまったみろくという赤ちゃんがいました。それも突然の死で(妊娠16週での出来事だったので、医学的には流産になるそうですが、私のお腹の中で確かに生きていた子どもなのでやはりそれは死という言葉がふさわしいように思います)、そのときから私は「明日も愛する人たちと会える保証はどこにもない」と思うようになりました。

例えば朝の忙しい時間に子どもたちを起こし、せかすように準備をさせているとき。心穏やかに「行ってらっしゃい」を笑顔で言えなかったり、けんか腰のまま別れることを選んでしまったときは、日中「もし子どもたちに何かあってもう会えなかったら、あれは後悔する別れ方だった。どうか無事に帰ってきますように」と思ったりするのです。夫についても同じことです。

だから我が家では、出来るだけ毎朝の別れ際や家に帰ってきたときにハグやキスをするし、寝る前はできるだけスキンシップをしたり「今日一番よかったこと」を言い合って穏やかな気持ちで時間を過ごすように努力しています。

自分にとって大切な関係は常にcompleteであること。言い残しや思い残しがないようにすること。それは私にとって「後悔したくない」というちょっと後ろ向きな動機に基づくものかもしれないけれど、大事な信条です。だからといって本当に相手を失ったときに苦しまないなんていうことはあり得ないのですが、「この人との関係において、自分ができるだけのことは全てやりきった」という気持ちに、時間がたてばいずれなれるのかもしれません。みろくのときもそうでしたが、私にとってのメンターと呼べる二人の女性のサポートによって、自分はそのときのベストを尽くしたということを受け入れられたことで、少しだけ気持ちが軽くなったのを覚えています。

亡くなったデイビットがシェリルや子どもたちと交わした最後の会話が、愛情に満ちたあたたかいものであったことを祈りつつ、筆をおきます。

(image by Charlie Foster)

Erinaさんへの手紙:コミットメント(Commitment)

サンディエゴ在住のお友達、Erinaさんとの文通シリーズ第2回。「コミットメント(Commitment)」というテーマで、Erinaさんからこちらのお手紙をいただきました。「コミットメント」は日本ではカタカナ語としてまだあまり使われない言葉かもしれませんが、私にとってはとても重要な意味を持っています。お返事を書いて見ます。

********
photo-1420393000485-4697383da9ecErinaさん、こんにちは。

世間はゴールデンウィーク真っ最中です。考えてみれば親になって初めて迎えるこの期間。親にとっては「休み」という感じでもないですが(笑)

そうそう、テニスは夫が高校時代にやっていたんです。けっこう強かったそうなのですが、長らくずっとお休みしていて…でも、子どもたちが生まれて数年後にあるきっかけで再開。とてもいいテニス仲間に恵まれて、彼らが毎年行うトーナメントでも2回も優勝していました。日本でもまたテニス仲間ができるといいのですが。

さて、今回のキーワードの「コミットメント(Commitment)」。Erinaさんの書かれていた例、とても納得がいきました。そう、コミットメントって何もrelationshipだけに使う言葉ではないのですよね。

うまい日本語がないかな~と探していて思いついたのが、漫画「スラムダンク」の一コマです(兄が大好きだったので家にコミックがあって私もはまりました)。

名言が多いこの漫画ですが、湘北高校のバスケチームを率いる安西先生が、神奈川県インターハイの予選決勝リーグで対戦する相手を前に言った言葉は、「もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意が必要なんだ!」でした。

d0080549_10353760漫画の主人公である桜木花道も、試合が始まって戦っているうちにこの「ダンコたる決意」なるものを理解していくのですが、これこそ「コミットメント」だと思います。「約束」とか「目標」よりも強い、万難を排して、あるいは石にかじりついてでも踏みとどまって頑張りぬくという…「決意」ですよね。

Erinaさんがアメリカに留学して「良い成績をとる」ことを決意した時、他のことをいっとき後回しにしてでもその目標を達成することにコミットしたのです。

結婚という道を選ぶパートナーには、この点についての共通理解をぜひ求めたいところだなぁと思います。その共通理解がない相手とは、喧嘩のたびに「離婚だ!」と言い合うことにもなりかねません。しかも、この場合に持ち出される「離婚」という言葉は往々にして、相手を脅し、動揺させ、コントロールする目的で発せられるもの。発したその言葉を全うしようと言う意思…それこそ、その言葉に対するコミットメントもきっとないことが多いでしょう。

以前にもこちらに書いていますが、私は離婚が必ずしも悪いとは思っていません。相手が暴力的だったり、自分が失われてしまうような思いをしながら続けるべきものではないでしょう。でも、そうではなくただなんとなく心が離れてしまった…とか、もうトキメキがないから愛していないのかも、ということで関係をあきらめてしまおうか、という場合には、そこでもう一度「それでいいのか?」と思いとどまってほしいです。

この「コミットメント」を説明するとき、私がいつも引き合いに出す映画があります。”Fireproof”というタイトルで、結婚何年目かで気持ちがすれ違ってしまった夫婦の危機と再生を描いたものです。脚本や演技がとてもベタなところがあったり、随所にキリスト教の言及があって抵抗がある人もいるかもしれませんが、夫婦とは?結婚とは?ということを考える上ではとてもいい教材だと思います。

映画のテーマソング”Love is not a fight”の冒頭にもこんな箇所があります。

Love is not a place to come and go as we please
It’s a house we enter in, then commit to never leave

(「愛」とは好きなときに出たり入ったりするのではなく、一度入ったらもう二度と出て行かないと決意する「家」なのだ…)

最終的に結婚生活がうまくいったのかどうか?は結果でしかありませんが、少なくとも、そのくらいの覚悟をもって始めるべきものなのかな、と感じます。

最後にもうひとつ。

アメリカ人も大好きな自己啓発の言葉のひとつに

If you are interested, you’ll do what’s convenient.
If you are committed, you’ll do what it takes.

というものがあります。

自分がやりたいことや目標とすることに対して、ただ単に「興味がある」程度だったら、目標達成のために都合のよいことは行うだろう。でもコミットしたことに対してなら、どんなことでもやるはずだ、という意味合いです。“Do what it takes” は「どんなことでも(行う)」と言う英語的な表現ですね。

Are you interested?

Or are you committed?

断固たる決意をもって成し遂げよう!と思える目標をもつことは、時に人生をハードなものにするかもしれませんが、その経験はまた人生を豊かにしてくれるのではないかと思います。

次回のキーワードは、コミットメントとも通じる「パッション」です。Erinaさん、楽しみにしています!

婚活中=受験勉強中??

前回の記事で書いた、国際結婚をテーマとしたスカイプでのセミナーが無事終了しました。終了間際に参加者の方々からの感想をお聞きしたのですが、その中で「今までに考えたこともなかったようなお話を聞くことができました」、そして「婚活ばかりに一生懸命になっていたけど、結婚してからがまた大変なんだなぁ・・・と感じました」というコメントがありました。

これを聞いてふと頭に浮かんだのは、高校時代の自分の姿でした。中学受験で入った中高一環教育の学校では、特に高等部に入ると受験勉強一色という雰囲気で、周りも私も「とにかくいい大学に入れれば・・」ということが人生最大の目標になっていました。準備の甲斐があって運よく大学に入れましたが、正直なところ、「大学入学」を目指して勉強している時、実際には大学生活はどんなものか、ということは全く頭にありませんでした。そのためもあってか、大学一年目は多くの科目で「あれ?」というくらい芳しくない成績だった覚えがあります。それには「受験を乗り越えたんだから大学の勉強など軽くこなせるはず」という油断ももちろんあったに違いありませんし、今から考えれば「大学で何をどのように勉強したいのか」ということを、受験勉強中には想像する余裕すらなかったという気がします。

受験勉強中の学生が「大学合格がゴール」と思ってしまうように、婚活中の人は結婚することがゴールと思うのも無理はないことでしょう。でもその先にある生活について、少しでも具体的に想像することができていないと、いざ結婚してしまってから大変なことになる可能性もあります。とにかく結婚したのはいいけれど、日本でのキャリアを捨て外国に行き、言葉が母国語ほどには自由自在に扱えないので、引っ込み思案になったり、現地にうまく溶け込むことができずに、引きこもりになってしまったり、そうこうしているうちに子どもが生まれて、もう日本には帰るに帰れないという状況になっている方もいます。今回のセミナー中には、言葉やお金の面でかなり実際的な話もしたため、「今まさに婚活中でパートナーを探している人には、自分にはちょっと遠い世界の話題と感じられたかもしれない」という気がしないでもなかったのですが、参加者のコメントを聞いて、「結婚という当面のゴールの先にあるもの」について具体的に考えることは、やはりとても大事なことだと改めて実感しました。大変好評を頂いたこのセミナーは、今後も月に一度のペースで続けていく予定です。

結婚したい相手の年収は?

明日、「国際結婚」をテーマにしたスカイプでのセミナーの初回を行います。この企画は国際結婚の縁結びをサポートするKaiwa-USAという結婚紹介サービス代表の松本直子さんとタッグを組んで行います。松本さんとは私の本「国際結婚一年生」をきっかけに知り合いました。一年ほど前からスカイプで何度かお話しをしており、一緒にやりたいことのひとつにこのセミナーがあったのですが、私の妊娠・出産や移動などもあり、明日が初回の開催の日となりました。

今回のテーマは、国際結婚をする中で一番大事だと思われる言葉の問題、そしてトラブルになりやすいことのひとつ、お金の問題について。特に、後者については日本式の考え方が通用しない部分も大きく、それだけに結婚してから「こんなはずではなかった」とならないように気をつけるべき点です。例えば、婚活中の女性はパートナーに求める年収をあげるときに、「その年収の額=二人のために使えるお金」という認識をお持ちの方がほとんどでしょう。でも相手が日本人でない場合、これはそれぞれの考え方によって全く違ってきます。「年収一千万以上」と言ったところで、それだけ稼いでいる人が「夫婦といっても財布は別々で。(自分の分は自分で稼いでね)」という考え方であればどうでしょうか。相手に一定以上の年収を求めるのは自分が仕事を辞めても(あるいは自分の収入が少なくても)家計が困らないように、という理由であるならば、年収がそこまで高くなくても「夫婦なんだから財布はひとつで」と考える人と結婚する方が理にかなっているかもしれません。そして、その人の考え方として財布がひとつなのか?ふたつなのか?ということまでは「釣書」(あるいはネット上でのプロフィール)は教えてくれません。

以前、「夫婦、この不思議な関係」という曽野綾子の本について書きましたが、この本にも「まず出会って(知り合って)みなければわからない」という趣旨のことが書かれた箇所があります。以前も別のブログに書いたことがありますが、私が特に気に入っている部分で曽野綾子はこんな意味のことを書いています。

背の高い人とでなければ結婚したくないと公言していたある女性が、何年かたってみたら、自分より背の低い(でもそれを補うに余りあるほど頭のよさそうな)男性とよりそっていることがある。彼女は「ハイヒールでダンス踊れる相手がよかったのに」と愚痴を言ってみせるかもしれないが、心中ではこの夫でよかったと思うようになっている・・・

著者はこの例を引き合いに出して、
「この価値観の突然の変質、物の考え方の成長が、結婚が平凡な私たちにもたらす比類なく大きな贈りものである。それにはまず相手に会わなければならない。それから結婚にすすむかどうかを考えても遅くない。結婚を望むと言いながら、会わない前に条件をつける人、というのは、結婚をではなく『商取引』を望んでいるだけなのであろう」と言い切っています。

この年収の話というのも本当に下世話な例ではあるでしょうが、「出会ってみなければわからない」という点ではまさにそのとおりなのではないかと思います。明日はこういった話も交えながらセミナーを進めていきます。この国際結婚をテーマにしたスカイプ・セミナーは今後も継続して開催する予定です。今後の告知はまずメルマガで行い、定員に満たない場合にブログで呼びかけますので、ご興味のある方はこちらからメルマガにご登録ください。

夫婦、この不思議な関係

曽野綾子の「夫婦、この不思議な関係」を読みました。国際結婚成功コンサルタントとしてカップルのご相談を受ける私にとって、結婚そして夫婦についての著者の視点は大変興味深いものがありました。1931年生まれの著者が結婚した当時と現在の状況はだいぶ変わっているものの、「結婚とは」「夫婦とは」ということについて示唆に富むエッセー集ではないかと感じます。
****
特に私自身の結婚生活を考えたとき「これは共通するものがある」と思ったのは、曽野綾子が表現するところの夫の「冷たさ」についてです。再三「夫は冷たい」という表現で描かれている夫の特性というのは、「彼は私に何ら『変われ』という期待をしていない」ということでした。妻に「もっと~だったらいいのに」とか「~をしてくれないと困る」というような期待を一切しないということ。私の夫もこの点は非常に似ています。よく言えば自立しており他人に自分を幸せにしてもらおうとは考えていない。でもこの「個人主義」は、裏を返せば自分が変わることで相手が幸せになるとは信じていないとも言えるのでしょうか。曽野綾子の父親は、彼女の母親に対して「変われ」という期待があったために、母親にとっては気の休まらない結婚生活が長らく続いたとのことでした(後年、彼女の両親は離婚を選択)。この両親の結婚生活について、曽野綾子は「父親は心が温かかったからこそ母親を躾けたいと思っていたようだ」という表現をしています。「心が温かいからこそ他人に期待をしてしまう」というのも一理あるのかとも思いますが、そもそもは赤の他人であるパートナーと共同生活を送るのであれば、心が温かろうが冷たかろうが、常に自分に対して「変われ、今のままのあなたではいけない」というメッセージを受け取り続けるよりは、そのままの自分を受け入れてくれる人のほうが穏やかな気持ちで毎日を楽しく過ごせるだろう・・・・と感じます。
****
もちろん細かいことを言えば不平不満がまったくない夫婦関係なんていうものは存在しないのではと思いますが、結婚するまでの間に長い時間をかけて大人になってきている人間同士、根本の部分では「そのままを認め合う」ということがなければ、やはり楽しい毎日を送ることは難しくなるでしょう。自分がどの道を選択するにしても、結婚について思うところのある人は何らかのヒントを得られる本ではないでしょうか。