Tag Archives: 1万円起業

「1万円起業」:クリス・ギレボーのベストセラー本が日本語に!

クリス・ギレボーの2冊目の本”$100 Startup”が発売されたのは2012年のことでした。その年の5月末にロサンゼルスで行われた、出版を記念したMeetupには、生後3ヶ月だった三男を連れて参加しました。

登場したクリスは「この本を読んで読者に感じ取ってもらえたら・・・と思うこと」についてこう語っていました。

・自分の人生を、まず自分にとって意味のある活動で満たしているか?そして、その自由にともなう責任を全うし、この世の中をよくすることに貢献しているか?と考えるきっかけになること。

・起業したいけど、何から手をつけていいのか?と思っている人にとって、具体的なステップを示すガイドの役割を果たすこと。

・この本を読んで「すぐに何かをやってみよう!」と思ってもらうこと。

最初の点は、彼の無料の電子書籍「世界征服のためのやさしい手引き」そして1冊目の本「常識からはみ出す生き方」のコアとなるテーマでもあります。

また、2点目については、この本を書くために、クリスは膨大な事例の中から1500を選び出し、共通するパターンを見つけ出そうとしました。バラエティに富んだ事例を提示することにより、少しでも「あ、これなら自分にもできるかもしれない」と思えるきっかけになれば、と考えたからです。そして、そのデータ分析の結果共通して出てきた具体的なステップを紹介しつつ、読者のアクションを促すワークシートやリストなども盛り込まれています。

3点目について、クリスはスピーチの中でスティーブ・ジョブズの『人の人生を生きることで時間を無駄にするな』というメッセージについて触れていました。今われわれは世界中の見も知らない人々とつながることができる、とてもスペシャルでユニークな時代に生きていること、アイディアと努力次第で道は開けること・・・だから勇気を持って一歩を踏み出してみよう、と。

この本の日本語訳「1万円起業」が9月に日本でも発売になりました。タイトルで検索すれば、日本語の書評が多数見つかりますが、世界征服サミットでご一緒した「縁もゆかりも」のゆかりさんの記事佐々木裕次郎さんのこちらの記事は特にお薦めです。実際に、私も今回日本語で改めて読んでみて、またサミットの時に感じた高揚感が蘇ってきました。クリスが週2回更新している英語のブログを読んだり、世界征服サミットに行くことは難しくても、「何かしたい」と思っている人には是非お薦めしたい一冊の本です。

クリス・ギレボーの出版記念イベントに参加しました

5月31日にロサンゼルスで行われた、クリス・ギレボーの出版記念のイベントに行ってきました。サンディエゴを9時過ぎに出発し、途中でコスタメサに住む友人夫妻、そしてロサンゼルスに住む友人を訪ねながら、会場となった本屋のあるパサデナというところまに6時半過ぎに到着すると、既に多くの人が本屋の裏のスペースに集まって開始を待っていました。7時過ぎにロサンゼルス会場の主催者から紹介を受けたクリスは、どうしてこの本を書こうと思ったのかというところから話を始めました。会場を見渡してみると、老若男女、実にさまざまな人種や年齢層の人々がいて、改めてクリスの活動をフォローしたり支援したりする人々の属性の幅広さを感じさせました。クリスからの話に続き、質疑応答。「大学に行くかどうか迷っているが、どうしたらいいか」といった質問もありました。これにはクリスも“I don’t like to accept that responsibility of telling people what to do”. と前置きした上で、自分の長期的なゴールは何なのか?自分にとって何が一番大事なのか?それを達成するために、大学に行くことはどんな意味を持つのか?ということを考えてみるべきだと言っていました。そしてこの本のテーマであるマイクロビジネスを始めるためにはMBAは必要ない、とも。

会場に向かう前にロサンゼルスで会ったアメリカ人の友人は3ヶ月前、偶然にも我が家の三男と同じ日に二人目のお子さんを出産したばかり。彼女は弁護士で、会社からは6ヶ月間の産休・育休の最中でした。クリスの本の話をしたところ、とても興味を示していて「実は住宅ローンさえなければ弁護士を辞めたいとまで思っている」と言い出し、予想外のことに私も驚きました。彼女はもうすぐ2歳になる一人目のお子さんを出産したとき、一般的なアメリカ人らしくすぐに職場復帰をしたのですが、それによって子どもの最初の一年の子育ての醍醐味を味わい損ねたという思いを強く持っていたとのこと。今回は6ヶ月の産休を願い出たときに、もし却下されたら辞める覚悟をしていたそうです。すぐには無理だけれど、いずれ自分のペースでできるビジネスを始められたら・・・という気持ちを語ってくれました。今の法律事務所でパートナーにまでなった彼女でしたが、“I had no idea how I’d feel until I became a mother” と言っており、世の中には「やってみなければわからない」ことがたくさんあるな・・・と感じたのです。その意味では、憧れていた仕事に実際についてみたらちょっと違っていたと感じたり、しばらくしたら他のことがやりたくなってしまったとしても、それがわかるためには必要な道だったのだとも言えるでしょう。そんな第2、第3の「新たな出発」のために勇気を与えてくれる本でもありました。質疑応答後、本にサインをしてもらった時に数分でしたが話をすることができ、7月にポートランドでの再会を期して家路に着きました。最後にクリスの話の中で「この本で何を感じ取って欲しいか」という部分の動画を載せておきます。

クリス・ギレボーの新作”$100 Startup”ブック・ツアー

以前こちらのブログ記事でもご紹介した「世界征服のためのやさしい手引き」を書いたクリス・ギレボーが、今月2冊目の本を出版しました。“$100 Startup”と題されたこちらの本は発売日にアマゾン総合ランキングで4位になる売れ行き。その内容もさることながら、そのための「仕掛け」の緻密さには今回も本当に驚かされました。この本は「自分でビジネスを始めたいんだけど・・・」という人に向けて書かれたものです。ビジネスを始めるためには多額の資金が必要なので、場合によっては借金をして・・・というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、この本では少ない元手で、クリスの言うところの”マイクロビジネス”つまり多くの場合ひとりで、あるいは友人やパートナーと数人での小さなビジネスを始め、成功していった事例が豊富に紹介されています。また、これらのケース・スタディを分析し、自らの経験ももとに得られた「ビジネスを始めるためのステップ」が書かれています。発売日当日、アマゾンでは100を越えるレビューが掲載されました。

そして前回同様、発売日にブック・ツアーがスタート。今回は全米すべての州ではなく20あまりの都市ですが、今年の後半には世界7大陸を訪れるツアーも計画中とのことです。ここカリフォルニア州には来週やってくる予定で、サンフランシスコでは29日、サンタ・クルーズに30日、ロサンゼルスに31日に、それぞれの会場でMeetupが行われる日程になっています。詳しくはこちらのサイトの”Tour”のページをご覧ください。またこのサイトの”Resources”のページからは、シンプルなビジネスプランのためのフォームや、商品発売の際のチェックリストなどがダウンロードできるようになっています。

ブック・ツアーのMeetupはクリスの活動をフォローしている人々によってセッティングが行われます。例えば、前回のブック・ツアーのアトランタ会場はこんな感じでした。また、今回もノースキャロライナで行われた会場に私の友人が行ったのですが、集まった人々は誰も自分のビジネスやアイディアを攻撃的に売り込むような感じではなく、オープンで有益なディスカッションが繰り広げられたとのことで、クリス本人のように謙虚で気持ちのいい人々が引き寄せられてくるのだろう・・・と感想を教えてくれました。そう、ブック・ツアーの魅力は著者に会えるだけでなく、その場に集まる人々との交流にもあるのです。いずれ日本にも来たいと言っているクリス。実現することを楽しみにしています。