Tag Archives: RCB

フロリダへ

先週木曜からフロリダに行っており、昨日の深夜に帰ってきました。私が教えている親子コミュニケーションコースの創始者であるKathryn Kvolsから直接ディレクター・トレーニングを受けてきました。彼女が30年以上も前にRedirecting Children’s Behaviorというコースを作るとともに、同タイトルの本を書いたのです。全米のみならず、世界の14ヶ国でも教えてられているということも知りました。

また、今回詳しく聞いたところでは、Kathrynの夫であったBill Riedlerという人が二人でRemembrance Course(当初はUnderstanding Yourself and Othersという名前でした)やそのほかのパーソナル・ディベロップメントのコースを作ったのです。このRemembrance Courseも最初は週に1度、6週間のコースだったそうなのですが、数年後に今のような週末のコースに変えたということでした。当然、最初のうちは創始者のKathrynとBillの二人で教えていたのだそうです。1970年代の話です。その後、二人が離婚することになり、ビジネスでそれぞれが気に入っていた部分をとって、Kathrynはこの親子コミュニケーションコースに注力してInternational Network for Children and Families(INCAF)を作り、Billはパーソナル・ディベロップメントのコースを行うGlobal Relationship Centerを作りました。その後Billは病気で死亡、私のメンターでもあるPamela Dunnが引き継ぎ、現在のYour Infinite Life Coaching Companyとなりました。

Kathrynは再婚してもう20年になり、前の結婚からの子供たちも合わせて7人家族です。見慣れた写真から比べると年はとっていましたが、目がとてもきらきらしてエネルギーあふれる、それでいてとても柔らかな雰囲気を持った魅力的な人でした。声や表情の雰囲気が「サウンド・オブ・ミュージック」のマリア役のジュリー・アンドリュースを彷彿とさせる感じでした。3日間にわたり、このコースのインストラクター・トレーニングを一緒に受け、また一緒に教えました。3年前にSusie Waltonに受けたトレーニングでしたが、改めてこのコースの奥深さや、子どもを大切にし尊重する哲学に触れ、これからの課題に対する決意を新たにすることができました。住む場所は違っても同じ志を持った仲間に会えたことも大きな収穫のひとつでした。また、今回は、子どもに命令をしたり脅したりすることが脳の中でどのように反応しているかという部分の情報も加わり、より論理的な説明もできるような指導がされていました。ますますパワーアップした親子コミュニケーションコースをこれからも開催し続けて行きます。

クオリティ・オブ・ライフ

202532_high1前回ご紹介した本「日本の子どもの自尊感情はなぜ低いのか」という古荘純一先生の本の中に、「クオリティ・オブ・ライフ」(英語のQuality Of Lifeの頭文字をとってQOL)という概念についての調査について書かれています。QOLとは自尊感情だけでなく、その人の生活に関わる要素を包括する概念です。引用すると、「たとえば、ごはんがたくさん食べられるだとか、夫婦関係がいいだとか、職場で楽しく過せるだとか、仕事が充実している、などという、これらのこと全部を含んだ概念となります。その人の生活に関わる、すべての要素を包括する、ということです。」と述べられています。

本の中では子どものQOLを図る尺度の開発やその難しさとともに、日本で子どもを対象に行われたQOLの調査結果も出ています。学年が上がるにつれてQOL総得点が減っていき、16歳までの調査対象の中では高校一年生が一番低いという結果が出ています。このまま高校2年生、高校3年生とQOL総得点が下がり続けるのかどうかは今後の調査を待たなければならないようですが、古荘先生は「幼児的な万能感を持っていた子どもたちも、世の中の現実がわかってくるにつれて、自尊感情は低下していくのが普通だとも言えます。そして一回低下しきると、下げ止まって、また、こんな自分でもいいや、という感じであがっていくのが普通のパターンだと考えられていたのですが、いまの日本の子どもの現状では、小学校3,4年生ぐらいから低下しはじめて、中学校、高校、とずっと下がりっぱなしということになっていることが、今回の調査で明らかになりました」と言われています。回復の機会がないまま大人になってしまうと、欠点はありながらも自分自身をありのままに受け入れ、日々の生活を楽しく過ごすことが難しいだろうということは容易に想像できます。

Free Pre-school Option in San Diego

Recently I was invited to do a presentation on Redirecting Children’s Behavior at this pre-school city20college20logothat is organized by Continuing Education which is under San Diego Community College District. It’s a pre-school program where child’s parents come and help run the school under the supervision and guidance of the teacher hired by the district. The school is 3 days a week, Mon, Wed and Friday from 9:00-12:00.  Here is the excerpt from the web-site:

Course focus is on building skills that strengthen families and prepare the preschool child for kindergarten. Parents develop family communication and problem solving skills while expanding their knowledge of the preschooler’s social, emotional, physical, cognitive and language development. The child participates in age appropriate activities in a preschool environment.

After my presentation, I had a chance to talk to one of the mothers who attested that it’s a wonderful program where you can bring in your child to have a pre-school experience and at the same time connect with other mothers. While you have your child at the school, you are assigned a specific role to help out at different activities the school offers, so you are not in the same place as your child all of the time, but it gives both you and your child a chance to have a new experience as well. While this pre-school program is completely free of charge, it does require a time commitment for the parents to attend 3 mornings a week, plus weekly meeting on Monday evenings. This semester is ending soon but if you are interested in joining for the next school year, check out their web-site!

“I believe in you”

Last Saturday I presented at “2009 It Takes A Village” conference held at University of San believeDiego. Before my session at 11:00 a.m., there was a morning keynote speech by my mentor Pamela Dunn. She talked about how important it is for parents to foster our kids’ imagination so they can create the lives they desire. Since the day before, I have been attending another advanced course offered by Global Relationship Center called “Learning and Protection”, and my heart was already wide open compared to normal workdays – I even got teary when she played a short, heart-warming clip on the screen at the beginning of her speech(she said that it’s a trick to get the audience open their hearts, because once their hearts are open, you can say anything to them and it’ll be fine). Continue reading

サンノゼでの講演

先月、サンノゼのGemini Crickets of Multiples Club of Silicon Valleyという、双子かそれ以上のお子さんを持つ親が参加している会で、メンバーを対象にRedirecting Children’s Behaviorについて講演をしました。当日は70人154以上もの人が集まり、会場は大変な熱気でした。1年ほど前からToastmastersというスピーチクラブに入り、月1度ほどの割合で英語でのスピーチの練習をしてきましたが、それほど多くの聴衆の前で英語で話すのはほとんど初めての経験でかなり緊張しました。最初のうちは手元のインデックスカードを読んでいたのですが、すぐにこれではまずいと気がついたので、少し緊張を解くために歩き回ったり聴衆に質問をしたりしたところ、かなり反応がよく、冗談を言う人もいたりして場が和んできました。2時間半はあっという間にすぎ、多くの方から「とてもためになった」というフィードバックをいただくことができました。これからまた英語でも話す機会が増えると思いますが、さらに改良を重ねていきたいと思います。

Continue reading

It Takes A Village

この言葉はもともとアフリカの格言で、It takes a village to raise a child(子育ては村中でするmaxsもの)という意味です。ヒラリー・クリントンが同名の本を書いていますが、この名前のついた、子育てについての会議がサンディエゴで行われます。去年が第一回で、9月に行われた会議に一般参加者として出席した私は、閉会式で私が師と仰ぐSusie Waltonが締めの挨拶をしているのを聞きながら、来年は私がプレゼンターとして参加すると意を決しました。今から思うと、そこからRCB日本語コースを教えるための活動が出発したように思います。(写真は去年の基調講演をしたMax Simon)

Continue reading

I’d Rather See A Sermon…

Some time ago, my husband and I watched the movie “Seven Samurai” which was highly recommended by my friend Henry. It is an old movie (1954) made by the CB059174world famous film director Akira Kurosawa. We enjoyed it very much. It is about a village of farmers that decided to hire seven samurai (ronin; masterless samurai)  to defend themselves from an impending attack of bandits instead of letting the bandits steal their crops after the harvest. There were many things to be said about this movie. I liked what Kanbei (the head Samurai) said to others when he was trying to recruit his small army. He was honest about it up front and said “I have a job that brings you no money and no fame”. Continue reading

RCB日本語コースを受講して

(受講生の方から体験談をいただきました。原文のまま掲載しています)

今年の7月に日本語RCBコースをつみき幼稚園で五週間にわたり受講しました。8歳と4歳の二人息子を持つ母です。始めは、子育てにそれほど悩んでいたというほどでもなかったし、大体普段は、いろいろ勉強になりそうな講演とかあっても、”忙しいから“を理由に何も受けたことがなincaf_logo-web-copyかったのですが、たまたまつみきで、RCBコースのチラシをみて、“こどもをどならなくなります”(だったか、叱らなくなりますだったか、ちゃんと覚えてませんが)というようなことが一言書いてあって、“ふーん、どんなことしたら、一体そういうことがありえるんだろう”と興味が沸いてきました。もちろん“忙しい”ので、説明会などもいけません。夜も毎週1回から多いときは2回も仕事で遅くなるので、これまた”忙しい“主人に頼らなくてはならず、少し気もひけて、その日は主人にもいいかねて、どうしようかなと思っていました。でも気になって、少しインターネットで見てみたところどうやら面白そうだし、丁度義母も来る時期だから、子供もみてもらえるだろうしと、主人に聞いてみたら、えらくあっさり、”やってみたら?“との返事。ちょっぴりわくわくして受けることになりました。 Continue reading

RCB for Parents with Multiples

The talk on Redirecting Children’s Behavior techniques for the Gemini Crickets of Multiples Club of Silicon Valley was very successful – we had over 70 parents participating! When Mari, one of the club officers, a mother of a 4 year old & 20 month old twins and my close friend told me the day before that 64 people had registered to attend, I was thrilled but also thought that not everyone would show up. So I was really surprised when 70 copies of handout we had prepared were all gone and there were a few who didn’t get it (I even gave my original). Continue reading

Home Sweet Home

We just returned from a 10-day east coast vacation. Did I actually say “vacation”? Traveling with two toddlers was not necessarily relaxing. Two big challenges for me were the 5 hour flights between Los Angles and the East Coast(we flew in Newark, elise-lilli-playground1NJ and flew out of Washington D.C.) and getting them to sleep at night in an environment different from home. Upon our return home they seemed happy being able to sleep in their own beds. This is not to say that we didn’t have fun while traveling – we got to meet and spend quality time with my parents, my husband’s relatives, and our friends. We explored New York and Washington D.C. Continue reading